FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [ジェシカ・スティール ] 記事一覧

「婚約は偶然に」 ジェシカ・スティール I-1659(HR-217)

≪あらすじ≫
 彼女が病院で目覚めた時、記憶はすべて失われていた。看護婦の説明によると、名前はクレアで、事故で頭を打ったショックで記憶をなくしたらしい。左手の薬指には大粒のダイヤの指輪がはめられていて、婚約しているようだ。そこに素敵な男性タイが現れた。タイはクレアを病院から家へ連れ帰り、いろいろ面倒をみてくれた。そして数日後、突然クレアの記憶が戻った。クレアの本当の名前はラーチで、タイは婚約者でも何でもなく、全く見知らぬ人間だった。

≪感想≫ ネタばれです
 こんなあらすじの書き方では、タイに良からぬ企みがあったような印象を与えてしまったかもしれませんが、彼は全くの善意からラーチの面倒をみていました。タイはラーチの主治医の義弟にあたります。

 読んでいて、タイとラーチの向いている方向が違うというか、ちぐはぐな感じで、うまく流れに乗れませんでした。話の進み具合もまどろっこしかったと思います。 

≪再録≫
 記憶をなくしたら「婚約は偶然に」 An Accidental Engagement
   ジェシカ・スティール(高橋庸子) HR-217 2009年3月
 
≪BOOK DATA≫
 「婚約は偶然に」 An Accidental Engagement
   ジェシカ・スティール(高橋庸子) I-1659 2004年2月

「恋するクリスマス」 ジェシカ・スティール R-1824(K-113)

≪あらすじ≫
 ジャーメインがアッシュと付き合い始めて3ヶ月がたった。仕事でスコットランドに行ったアッシュから2週間ぶりに電話があったが、彼の様子がどうも変だった。それもそのはず、出張していたというのは真っ赤な嘘で、ジャーメインの姉エドウィナと一緒に、彼の兄ルーカスの屋敷で休暇を過ごしていたというのだ。ジャーメインはこれまで美しい姉エドウィナに何度も恋人を奪われてきたのだが、またしても裏切られるとは。あきれ果てたジャーメインに、アッシュは怪我をしたエドウィナの世話をしに来て欲しいと懇願してきた。きっと姉は、アッシュから裕福なルーカスに乗り換えるつもりで、仮病を使って屋敷にとどまろうとしているに違いない。そう考えたジャーメインは、アッシュの話を断ったが、ルーカスが彼女のもとを訪れ、脅すようにして屋敷に来るように迫ったため、仕方なく彼の屋敷へと向かった。

≪感想≫
 エドウィナは悪役ですが、ジャーメインを陥れたり中傷したりはしないため、悪役ぶりを安心して楽しめました。でも、男ってそんなに簡単にうわべだけの魅力に騙されてしまうものなんでしょうか。

 賢明でいい人がヒーロー、ヒロインをつとめる作品は、読んでいて気持ちがいいですね。

≪コミック≫
 「恋するクリスマス」
   ジェシカ・スティール/三浦浩子 ハーレクインコミックス・キララ 2010年12月

≪再版≫
 「恋するクリスマス」 A Suitable Husband
   ジェシカ・スティール(水間朋) K-113 2012年12月

≪BOOK DATA≫
 「恋するクリスマス」 A Suitable Husband
   ジェシカ・スティール(水間朋) R-1824 2002年11月

「秘書と結婚?」 ジェシカ・スティール I-1632(HR-166)

≪あらすじ≫
 チェズニー(女)は両親や姉たちの悲惨な結婚生活を目の当たりにして、結婚なんて絶対しないと決意していた。そんなチェズニーはロンドンの大企業の取締役ジョエルの個人秘書に応募して、首尾よく採用された。一方、ジョエルは会社の会長の座を狙っていたが、そのためには現会長の姪アーリーンの機嫌をそこねるわけにはいかなかった。アーリーンに迫られて困ったジョエルは、婚約者がいると嘘をついたが、アーリーンは婚約者がチェズニーだと誤解し、ジョエルもそれを否定しなかった。そのため、婚約の話が知れ渡り、二人は結婚せざるを得ない状況に追い込まれた。

≪感想≫
 これも便宜結婚ものですが、結婚するまで全体の三分の二までかかったので、まどろっこしい感じがしました。しかし、いくらそういう状況に追い込まれたとは言え、会長になるために便宜結婚というのは、情けない、会長になりたいなら自分の力でなんとかしろ、と思いました。最後は会長職なんかどうでもいい、と言ってはいるんですが。

≪再版≫
 ボスに恋愛中「秘書と結婚?」 A Professional Marriage
  ジェシカ・スティール(愛甲玲) HR-166 2008年2月

≪コミック≫
  「秘書と結婚?」 
   伊勢崎とわ/ジェシカ・スティール 宙出版 2007年3月

≪BOOK DATA≫
 「秘書と結婚?」 A Professional Marriage
  ジェシカ・スティール(愛甲玲) I-1632 2003年9月

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ジェシカ・スティール

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索