FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [リン・グレアム ] 記事一覧

「危険すぎる契約」(華麗なる転身II) リン・グレアム R-1865(P-232)(HLE-5)

≪あらすじ≫
 ミスティはケータリング会社を経営しているが、会社は倒産の危機に瀕していた。そんな彼女にイタリア系大企業の重役レオーネが救いの手をさしのべてきた。ミスティが恋人のふりをしてくれれば支援するというのだ。レオーネほどの男性ならば恋人に不自由することはないはず。そう考えたミスティは彼に理由を訊ねたが教えてはもらえなかった。彼女は反発しながらも会社のために承諾したが、レオーネには恐るべき計画があったのを知るよしもなかった。

≪感想≫ ネタばれです。
 復讐ものです。偽装恋人ものでもあります。
 もともと復讐という行為そのものが、あまりほめられた行為でない上に、復讐相手でないヒロインを利用するという手段をとるので、あまりいい展開とは思えません。
 ただ、途中で反省して、計画を中止するので、その点ではまあ良かったと思います。しかし、動き出した計画は止まらず、予想通りの結果になっていきます。

≪シリーズ≫ 華麗なる転身
 1. 「アラビアの花嫁」  R-1857(P-231)(HLE-5)(コミック)
 2. 「危険すぎる契約」  R-1865(P-232)(HLE-5)(コミック)
 3. 「愛なきハネムーン」 R-1873(P-233)(HLE-5)(コミック)
「邪悪な天使」    PS-29 (HLE-6)(MIRA文庫)(コミック)

≪再録≫
 「危険すぎる契約」(華麗なる転身II)
   リン・グレアム(茅野久枝) P-232 2004年9月

 「華麗なる転身I」 リン・グレアム(漆原麗、茅野久枝)  HLE-5 2008年11月
   「アラビアの花嫁」
   「危険すぎる契約」
   「愛なきハネムーン」

≪コミック≫
 「危険すぎる契約」 JET/リン・グレアム 宙出版 2008年12月
 
≪BOOK DATA≫
 「危険すぎる契約」(華麗なる転身II) The Disobedient Mistress
   リン・グレアム(茅野久枝) R-1865 2003年5月
 

「アラビアの花嫁」(華麗なる転身I) リン・グレアム R-1857(P-231)(HLE-5)

≪あらすじ≫ 
 フレデリカ(フレディ)は、従姉妹のエリカと同居して、遊び回る彼女に代わって彼女の息子ベンの面倒を見てきた。だが、エリカが事故死し、状況が一変した。フレディは自分でベンを育てたかったが、定職もないので養育権を得られる見込みは少なく、多額の養育費を送ってきていたベンの父親とは連絡がとれなかった。そこへベンの父親の弟だというクアマール国皇太子のジャスパーが訪れた。ベンの父である彼の兄は、先月亡くなったというのだ。彼はフレディをエリカと間違え、母親失格の君からベンを保護し、国に連れて帰ると宣言した。

≪感想≫
 ベンが誘拐同然でクアマールに連れ去られてしまい、フレディは激怒します。このことを警察当局や新聞社に知られたくなかったら、自分と結婚してクアマールに連れて行ってくれとジャスパーを脅迫します。普通の人ならともかく、皇太子に結婚を迫るとは、非現実的すぎると感じました。ジャスパーやクアマールを全く信用できないので、こういう手段をとったわけですが、エリカになりすました上に、こんな非常識なことをするヒロインは、ちょっと共感できませんでした。

 最初こそジャスパーの態度は良くなかったですが、フレディの正体がわかってからは、見事な対応を見せます。フレディに的確なプレゼントを送って、有能さと人の気持ちがよくわかることを示しています。
 
≪シリーズ≫ 華麗なる転身
 1. 「アラビアの花嫁」  R-1857(P-231)(HLE-5)(コミック)
 2. 「危険すぎる契約」  R-1865(P-232)(HLE-5)(コミック)
 3. 「愛なきハネムーン」 R-1873(P-233)(HLE-5)(コミック)
  「邪悪な天使」     PS-29 (HLE-6)(MIRA文庫)(コミック)

≪再版≫
 「アラビアの花嫁」 リン・グレアム(漆原麗) P-231 2004年9月

 「華麗なる転身I」 リン・グレアム(漆原麗、茅野久枝)  HLE-5 2008年11月
   「アラビアの花嫁」
   「危険すぎる契約」
   「愛なきハネムーン」

≪コミック≫
 「アラビアの花嫁」 麻生歩/リン・グレアム 宙出版 2008年12月
 
≪BOOK DATA≫
 「アラビアの花嫁」 An Arabian Mariage
   リン・グレアム(漆原麗) R-1857 2003年4月

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ リン・グレアム

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索