FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [ダイアナ・パーマー ] 記事一覧

「結婚にとまどって」(テキサスの恋(40)) ダイアナ・パーマー D-1532

≪あらすじ≫
 サンアントニオ警察の新人刑事であるグウェンは、事件現場で失態を演じ、上司のリックに厳しく叱責された。それ以来なんとなく彼に嫌われているような気がしてグウェンは気落ちしていた。初めて会ったときから彼に惹かれるものを感じていたからだ。そして、グウェンには誰にも言えない秘密があった。
 
≪感想≫
  PS-64「すれ違いの告白」で発生した誘拐事件に関連した話になります。

  かなり無理があって不自然な設定です。話の進み方も唐突すぎて面喰います。恋愛話よりも、エミリオ・マチャドがらみの話の方が多いような気がして盛り上がりません。 

≪登場人物≫
 リカルド・マルケス・・・サンアントニオ警察 巡査部長 愛称リック 30歳
 グウェンドリン・キャサウェイ・・・サンアントニオ警察 新人刑事(実はCIAエージェント) 愛称グウェン

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
  カル・ホリスター       リックの上司。 警部補
  バーバラ・ファーガソン   リックの養母。カフェの経営者
  ゲイル・ロジャーズ     リックの同僚
  キャッシュ・グリヤ      ジェイコブズビルの警察署長
  ウィンスロー・グレーンジ  ジェイソン・ペンドルトンの牧場の牧童頭
  エミリオ・マチャド      南米の小国バレラの元大統領
  グレイシー・ペンドルトン  ジェイソンの妻
  ロドリゴ・ラミレス      サンアントニオの麻薬捜査官
  ルー・コルトレーン     ジェイコブズビル総合病院の医師
  テッド・シムズ        巡査

    (名前だけの登場)
  アリス・ファウラー  ティピー・グリヤ   ジェイソン・ペンドルトン
  ヘイズ・カーソン   ミネット・レイナー  キルレイブン  
  マイカ・スティール  エブ・スコット     ローク         
  ガロン・グリヤ    グローリー・ラミレス ジョン・ブラックホーク

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
  「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。
   「すれ違いの告白」 PS-64 ジェイソンとグレイシー

≪BOOK DATA≫
 「結婚にとまどって」(テキサスの恋) TRUE BLUE
   ダイアナ・パーマー(氏家真智子) D-1532 2012年9月
結婚にとまどって ハーレクイン・ディザイア結婚にとまどって ハーレクイン・ディザイア
(2012/09/13)
ダイアナ パーマー

商品詳細を見る


「涙のバージンロード」(テキサスの恋39) ダイアナ・パーマー D-1500 

≪あらすじ≫
 子どものころに両親を亡くしたキャピーは、兄ケルの手によって育てられた。ケルは軍隊を除隊後ジャーナリストとなっていたが、海外の取材先で負傷し下半身不随の身となった。そんな中、キャピーはボーイフレンドのフランクに暴力を振るわれ、フランクは逮捕されたものの刑期は短かった。そのため身の安全を考えてサンアントニオから兄とともにジェイコブズビルの近くに引越した。兄のつてでベントリー・リデルの動物病院で働き始めたが、ベントリーは短気で気難しい男だった。

≪感想≫ 
 ベントリーの嫌味な態度におびえるキャピーですが、車の衝突事故をきっかけに認識を改めます。フランクのせいで男性不信になっていたキャピーもしだいに打ち解けてきます。そして関係を深めていく二人ですが、障害となるのは、もちろんストーカーと化したフランクです。

 「テキサスの恋」シリーズですが、ハーレクイン社公式のナンバリングがなくなり番号がよくわからなくなりました。順番としては39番目なのですが、電子書店等の番号は40になっています。電子書籍の39はどの本なのでしょうか(みつからない) どうしたものか?
 キャピーは日本に住んでいたことがあり、日本の美しさをおおいに語っています。
 ケルもいろいろ過去に事情を抱えていそうです。傭兵だったようです。
 本書はPS-67「危険な恋の行方」とほぼ同時期の話です。

≪登場人物≫
 ベントリー・リデル・・・動物病院のオーナーで獣医
 カペラ・ドレイク・・・獣医助手。愛称キャピー(23才)

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)

 キーリー・ウェルシュ・シンクレア キャピーの同僚
 ブーン・シンクレア        キーリーの夫
 ウィニー・シンクレア       ブーンの妹
 サイ・パークス          ケルの友人。牧場主
 マイカ・スティール        ケルの友人。医師
 ハーリー・ファウラー       
 キルレイブン
 キャッシュ・グリヤ        警察署長
 リック・マルケス         刑事
 ブレンダ・バンクス
 チェット
 ローク
  (名前だけの登場)
 エブ・スコット          ケルの友人
 コルビー・レイン
 ジャド・ダンと妻クリスタベル
 ヘイス・カーソン
 ブレイク・ケンプ
 グレイス・グリヤ
 コルター・バンクス        ブレンダの兄。テキサスレンジャー


≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
   「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。
  「凍てついたハート」(テキサスの恋36) D-1335  キャピーの同僚キーリーが主人公
  「危険な恋の行方」             PS-67  キルレイブンが主人公。本書とほぼ同時進行

≪BOOK DATA≫
 「涙のバージンロード」(テキサスの恋39) TOUGH TO TAME 
   ダイアナ・パーマー(霜月桂) D-1500 2012年1月

「危険な恋の行方」 ダイアナ・パーマー PS-67

≪あらすじ≫
 緊急時対応センターの通信指令係をつとめるウィニーは、キルレイブンに思いを寄せていたが、クリスマスパーティーで彼の怒りに触れてしまった。キルレイブンの妻子が7年前に殺害された事件の記憶を刺激してしまったのだ。そんな中、ジェイコブズビルで発見された身元不明の遺体の事件(D-1400「恋するアリス」)が、キルレイブンの妻子の事件に関連している可能性が出てきた。キルレイブンは、事件に関係のあるらしい上院議員の妻に近づくために、ウィニーを利用しようと考えていた。

≪感想≫
 D-1400「恋するアリス」の続きになります。
 妻子の死で大きな心の傷を負ったキルレイブンですが、それほど鬼畜ではありません。とはいえ一度結婚してから婚姻無効にしようと考えるあたりは、かなり自分勝手です。

 D-1500「涙のバージンロード」ではキャピーの兄だったケルが本作では弟になっていたり(年齢の関係から兄の方が正しい)と、妙な部分もあります。

≪登場人物≫ 
 マッケン・キルレイブン・・・ジェイコブズビル警察で潜入操作中のCIA捜査官(32才)
 ウィノナ・シンクレア・・・緊急時対応センターの通信指令係。愛称ウィニー(22才)

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)

 キャッシュ・グリヤ         警察署長
 ジャド・ダン            副署長
 キーリー・シンクレア        ウィニーの親友
 ブーン・シンクレア         ウィニーの長兄、キーリーの夫
 クラーク・シンクレア        ウィニーの次兄
 ジョン・ブラックホーク       キルレイブンの異母弟。FBI捜査官
 ジョスリン・ペリー         ジョンのアシスタント
 アリス・メイフィールド・ジョーンズ 科学捜査官
 リック・マルケス          サンアントニオ警察殺人課刑事
 ガロン・グリヤ
 ローク
  (名前だけの登場)
 ハーリー・ファウラー  ヘイズ・カーソン   ブレイク・ケンプ
 グロリアン・バーンズ  ロドリゴ・ラミレス  バーバラ  
 マイカ・スティール   マーカス・カレーラ  ティピー


≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
 「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。
 「凍てついたハート」(テキサスの恋36)   D-1335 ウィニーの兄ブーンと親友キーリーの話
 「恋するアリス」(テキサスの恋38)    D-1400(コミック) 本書の前段 ハーリー・ファウラーとアリス
 「涙のバージンロード」(テキサスの恋39) D-1500 本書とほぼ同時進行 
 「秘められた思い出」           PS-71  キルレイブンの異母弟ジョン・ブラックホークの話

≪BOOK DATA≫
 「危険な恋の行方」 DANGEROUS 
   ダイアナ・パーマー(清水由貴子) PS-67 2011年9月
 

「すれ違いの告白」 ダイアナ・パーマー PS-64

≪あらすじ≫
 12年前にグレイシーの母はジェイソンの父親と再婚したが、母は結婚後わずか二週間で交通事故で亡くなった。ジェイソンの父は他に身寄りのなくなったグレイシーを手元におき、数ヵ月後にビバリーという女性と再婚した。ビバリーにはグローリーという娘がいたので、それ以来グレイシーにとってグローリーは妹のような存在であった。ジェイソンの父とビバリーが他界した後、ジェイソンは二人の保護者役を引き受け面倒をみてくれた。ジェイソンは国際的大企業を経営するかたわら広大な牧場を所有し、普段はサンアントニオの屋敷ではなく牧場で暮らしていた。グレイシーはサンアントニオの屋敷に住み、ジェイソンが仕事関係のパーティーを開く時に接待役としてパーティーをとりしきる役目を果たしていた。そんな中、あるきっかけでジェイソンがグレイシーにキスしたことで、二人の関係は不穏なものになっていった。

≪感想≫
 例によって、あてつけからヒロインに対してひどい態度をとる展開です。ただ誘拐事件が起こってすぐにふたりの関係が改善されます。誘拐事件は緊迫感あふれる展開です。それにしてもサンアントニオやジェイコブズビルのあたりは誘拐事件が頻発する超危険地帯のようです。
 巻末で「ジェイコブズビルで殺人事件が起こり、それが7年前のサンアントニオでの殺人事件と関連があり、キルレイブンも関係者の一人でオクラホマの事件ともつながりがある」という記述があります。これはD-1400「恋するアリス」の事件のようです。

≪登場人物≫
 ジェイソン・ペンドルトン・・・国際的大企業の経営者で牧場主。34歳
 グラシエラ・マーシュ・・・ジェイソンの義妹。愛称グレーシー

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 サイ・パークス      牧場主
 J・D・ラングレー
 レオ・ハート       牧場主
 グレーンジ        新任のジェイソンの牧場監督。元はバレンジャー家の飼養場で働いていた。
 ハーリー・ファウラー   サイの牧場監督
 バーバラ         リック・マルケスの養母
 グロリアン        グレーシーの義妹。検事補。愛称グーロリー
 ロドリゴ・ラミレス    グローリーの夫。サンアントニオの麻薬取締局
 ヘイズ・カーソン     保安官
 ガロン・グリヤ      FBI捜査官
 ジョン・ブラックホーク  FBIサンアントニオ支局捜査官
 キルレイブン       FBI捜査官(ジョンの異母兄)

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
 「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。
 冒頭の競売には、これまでのシリーズの登場人物がたくさん出てきますが、 多すぎるので省略しました。

 「涙は愛のために」 PS-62 グローリー(グレイシーの義妹)とロドリゴ・ラミレス
 「危険な恋の行方」 PS-67 キルレイブン

≪BOOK DATA≫
 「すれ違いの告白」 HEARTLESS 
   ダイアナ・パーマー(仁嶋いずる) PS-64 2010年12月

「夜明けのまえに」 ダイアナ・パーマー PS-60

≪あらすじ≫
 フィービーとコルテスは、PS-55「真夜中のあとに」で、来年のフィービーの卒業式で会おうと約束した。約束どおりコルテスは卒業式に来てくれて、将来をともにできるかもしれないという希望をフィービーに与えてくれた。だが卒業式から三ヵ月後、コルテスから来た手紙には、彼と他の女性との結婚を知らせる新聞記事一枚だけが入っていた。コルテスの心ない仕打ちにうちのめされ、フィービーは性格も服装も変わってしまった。それから三年がたち、フィービーはノースカロライナ州チェノセタという小さな町にある博物館で館長をつとめていた。

 そんな中、ネアンデルタール人の人骨をみつけたという男が、フィービーに電話をかけてきたが、翌日その男は射殺体となって先住民居留地で発見された。その捜査のためにFBIの特別捜査官がやってきたが、その捜査官はコルテスだった。

≪感想≫
 前作での若々しく明るいフィービーと魅力的なコルテスとは、一変した二人となっています。コルテスの行動にはもちろん理由があったわけですが、だからといってフィービーの受けた心の傷がなかったことになるわけもありません。
 そんな中殺人事件が起こり、フィービーの身に危険が迫ります。連邦検察官だったコルテスは、事情によりFBIの捜査官に転身していました。そして、アメリカ先住民であるコルテスがインディアン・カントリー犯罪捜査班に配属となっていたため、この事件を担当することになったわけです。展開はスリリングですが、事件がややわかりにくい感じです。 

≪登場人物≫
 ジェレマイア・コルテス・・・FBI捜査官(39才)
 フィービー・マーガレット・ケラー・・・アメリカ先住民博物館館長(26才)

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 デリー・ケラー      フィービーの父の妹
 クレイトン・シーモア  下院議員。デリーの上司で婚約者
 アリス・ジョーンズ    科学捜査班主任

≪スピンオフ≫ 
「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。
 「許されぬ過去」          PS-47  コルビー・レイン(コルテスのいとこ)が主人公
 「真夜中のあとに」         PS-55  コルテスとフィービーは脇役。本書の前段 
 「恋するアリス」(テキサスの恋38) D-1400(コミック) アリスが主人公

≪BOOK DATA≫
 「夜明けのまえに」 Before Sunrise 
   ダイアナ・パーマー(泉智子) PS-60 2009年4月

「真夜中のあとに」 ダイアナ・パーマー PS-55

≪あらすじ≫
 ニッキは下院議員である兄クレイの選挙活動に尽力しすぎて肺炎に倒れ、海辺の別荘で静養していた。ある日、彼女は浜辺に倒れていた男性を助け、別荘に連れ帰った。その男性はジェットスキーから落ちて頭を打ったせいで、記憶があいまいになっているようだ。一晩別荘に泊めると、その男性の記憶は回復し、マッケイン(ケイン)・ロンバードと名乗った。ケインは、環境問題でクレイと激しく対立している上に、クレイの議席を狙う対立候補を支援している実業家だ。いま彼に素性を知られては面倒なことになると考えたニッキは、素性を隠したままケインと親しくなっていった。

 そんな中、ケインを陥れようとする陰謀が始まり、その企てにはクレイも加担していた。そんなクレイについていけなくなった秘書デリーはクレイのもとを離れ、対立候補のスタッフとなった。

≪感想≫
 ロミオとジュリエット的な立場の二人です。陰謀によって立場が危うくなったケインですが、ニッキのことはちゃんとかばうあたりは、誠実なヒーローです。選挙戦の実態が書き込まれており、やはりアメリカでもドロドロしていることがよくわかります。ニッキには離婚歴があり、ケインも妻子を亡くしていて、傷ついた過去を抱えてのロマンスとなります。

 主人公二人だけでなく、クレイとその恋人ベットと秘書デリーのからみや、ニッキの前夫モズビーとの関わり、事件を調べ始める捜査官コルテスと協力者フィービーなど、盛りだくさんです。それにしてもモズビーの秘密は何だったのでしょうか?

≪登場人物≫
 マッケイン・ロンバード・・・石油王。自動車メーカーを含む巨大企業のトップ。愛称ケイン
 ニコル・シーモア・・・彫刻家。下院議員の選挙スタッフ。愛称ニッキ

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 ジェレマイア・コルテス・・・政府機関の人間
 フィービー・ケラー・・・大学生。デリーの姪。

≪スピンオフ≫
 「夜明けのまえに」 PS-60 コルテスとフィービーが主人公。本書の続き

≪BOOK DATA≫
 「真夜中のあとに」 After Midnight
   ダイアナ・パーマー(霜月桂) PS-55 2008年8月

「許されぬ過去」 ダイアナ・パーマー PS-47

≪あらすじ≫
 コルビー・レインは、旧友フィリップ・ハンターに頼まれてリッター石油会社のヒューストン支社保安部次長に就任した。ハンター夫妻はアリゾナ州トゥーソンに帰る予定なので、ハンターの後任としてコルビーを仕込むつもりだった。だが入社して二日目に、会社にたまたま来ていたバーナデットという少女に、誰も知らないはずのコルビーの過去について言い当てられてしまい、コルビーは激怒して激しい言葉で詰問してしまった。すると、そこにバーナデットの母サリーナが現われた。コルビーとサリーナは7年前に結婚したのだが、結婚から一夜明けると、コルビーはそのまま出て行き婚姻無効となって、二度とサリーナに会うことはなかったのだ。そしてすぐにコルビーは他の女性と結婚してしまい、それからのサリーナは苦労続きだった。

 そんな中、リッター石油会社に麻薬密売組織のメンバーがいる可能性が浮上し、コルビーは麻薬取締局捜査官のアレクサンダー・コップと協力して、捜査にあたることになった。

≪感想≫
 D-1060「壊れた恋心」(テキサスの恋28)の続きにあたる作品で、舞台も同じくリッター石油会社です。前作に聞き続いて麻薬組織との対決が軸になって進みます。「孤独な兵士」シリーズに出てきた人物がコルビーの傭兵時代の仲間として大勢登場します。
 それにしても、CIAの仕事をしていたような百戦錬磨のコルビーが、素人女性にだまされまくっているのは、ひどすぎる気がします。
 サリーナはコルビーに対して不信感の塊な一方、コルビーの方はサリーナがロドリゴ・ラミレスと親しくしているので、ロドリゴに対して敵愾心いっぱいの対応です。

≪登場人物≫
 コルビー・レイン・・・リッター石油会社ヒューストン支社保安部次長
 サリーナ・キャリントン・・・リッター石油会社社員

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 フィリップ・ハンターと妻ジェニファー リッター石油会社ヒューストン支社
 アレクサンダーコップ         麻薬取締局捜査官。本作でジョディと結婚
 ジョディ・クレイバーン        リッター石油会社ヒューストン支社
 ロドリゴ・ラミレス
 サイ・パークス            牧場主
 ハーリー・ファウラー         サイ・パークス牧場のカウボーイ
 マイカ・スティール
 テート・ウィンスロップとセシリー
 エブ・スコットとサリー        牧場主。対テロ傭兵訓練所長
 キャッシュ・グリヤとティピー     ジェイコブズビル警察署長
 ヘイズ・カーソン           ジェイコブズ郡保安官
 (名前だけの登場)
 コード・ロメロとマギー
 ジャド・ダンとクリスタベル      牧場主
ジェレマイア・コルテス        FBI捜査官 コルビーのいとこ

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
 「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。 

 「キスして、王子さま」      D-379(LV-61)(HQB-369)(コミック) ヒーロー、ケイレブの父が本作で登場する
リッター石油会社経営者ユージン
 「砂漠よりも熱く」(今月の恋人)  D-425(HQB-387)      フィリップ・ハンターとジェニファーが主人公
 「あの日、パリの街で」      ST-22(HQB-7)(Mira文庫)(コミック)  コルビー・レインがちょっと登場 
 「ペーパー・ローズ」       PS-15(HQB-19)(Mira文庫)(コミック) テート・ウィンスロップと
セシリー(コルビーの友人)が主人公
 「若すぎた恋人」(孤独な兵士5)   L-953(P-256)   エブ・スコットとサリーが主人公
 「傷だらけのヒーロー」(孤独な兵士6) D-927(P-258)  サイ・パークスとリサが主人公
 「かなわぬ恋」(孤独な兵士7)     N-929(P-260)(コミック) マイカ・スティールが主人公
 「壊れた恋心」(テキサスの恋28)  D-1060(PB-104)  アレクサンダー・コップと
ジョディ・クレイバーンが主人公。本書の前段
 「口づけの行方」(テキサスの恋34) D-1250(コミック) コルビー・レインとサリーナがちょっと登場
 「愛に裏切られても」   PS-42       キャッシュ・グリヤとティピーが主人公
 「夜明けのまえに」        PS-60       ジェレマイア・コルテス(コルビーのいとこ)が主人公
 「涙は愛のために」   PS-62       ロドリゴ・ラミレスが主人公

≪BOOK DATA≫
 「許されぬ過去」 Outsider 
   ダイアナ・パーマー(霜月桂) PS-47 2007年8月
 

「恋するアリス」(テキサスの恋38) ダイアナ・パーマー D-1400

≪あらすじ≫
 法医学調査員のアリスは、身元不明の遺体の調査をするためにジェイコブズビルを訪れたが、そこで出会ったファーリー・ファウラーと言い争いになってしまった。第一印象は悪かったが、アリスが若者に絡まれているところをハーリーが助けようとしてくれたことで、彼への印象は180度変化した。アリスは、身元不明の遺体についての調査を続けるうちにハーリーに恋するようになっていた。

≪感想≫
 これまでさまざまな作品で、ヒロインを助けたり支えたりしてカッコいいところを見せてきたにもかかわらず、引き立て役または当て馬として気の毒な役回りをさせられてきたハーリー・ファウラーがついに主役となります。ところが満を持して登場の割には、ハーリーはいいところを見せられず、またまた気の毒な展開です。ただ、他のヒーローのように誤解したり暴言を吐いたりしないだけマシでしょうか。

 物語は殺人事件を軸にして進みますが、消化不良な展開でもどかしさがつのります。続きは次作で、という感じです。二人の恋愛も「結婚して」という台詞が、冗談だか本気だかわからない言い方で何度も出てくるので盛り上がりません。本作の続きはPS-67「危険な恋の行方」となります。

≪登場人物≫
 ハーリー・ファウラー・・・サイ・パークス牧場監督
 アリス・メイフィールド・ジョーンズ・・・ベアー郡検視局の法医学調査員

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 キャッシュ・グリヤ    警察署長(ガロンの弟)
 ガロン・グリヤ      FBIサンアントニオ支局長補佐(キャッシュの兄)
 キルレイブン       連邦捜査官
 ジョン・ブラックホーク FBI捜査官(キルレイブンの異母弟)
 サイ・パークス      牧場主、ハーリーのボス
 リック・マルケス     サンアントニオ警察巡査部長
 ヘイス・カーソン     ジェイコブズビル保安官

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
 「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。

 「傷だらけのヒーロー」(孤独な兵士6) D-927(P-258)  サイ・パークスとリサ。ハーリーが当て馬
 「実らぬ純愛」(テキサスの恋27)    L-1070(PB-103) ハーリーが当て馬
 「冷酷な口づけ」(テキサスの恋29)   L-1130(PB-105) ハーリーが当て馬
 「愛に裏切られても」         PS-42      キャッシュ・グリヤ
 「ボスへの想い」(テキサスの恋32)   D-1140(PB-113) ハーリーが当て馬
 「幼さと戸惑いと」(テキサスの恋35)  D-1300(コミック) ハーリーが当て馬
 「すれ違いの告白」          PS-64      ハーリーが当て馬
 「危険な恋の行方」          PS-67      キルレイブン 本作の続き

≪コミック≫
 「恋するアリス」(テキサスの恋38) THE MAVERIK 
   檀からん/ダイアナ・パーマー ハーレクインコミク 2014年5月
 
≪BOOK DATA≫
 「恋するアリス」(テキサスの恋38) THE MAVERIK 
   ダイアナ・パーマー(杉本ユミ) D-1400 2010年9月
 

クリスマス・ストーリー2009「四つの愛の物語」 --指輪はイブの日に(テキサスの恋37) ダイアナ・パーマー X-27

≪あらすじ≫
 トニー・ダンゼッタは、高校からの親友であるジョンの訃報を受け、故郷のサンアントニオに戻ってきた。ジョンはミリー(ミリセント・エバンズ)という悪女のせいで自殺に追い込まれたという。トニーは猛烈な怒りにかられて、弔問に訪れたミリーを激しく罵倒した。だが、トニーがジョンから聞いたミリーについての話はすべて大嘘で、逆にミリーはジョンから執拗な中傷とストーカー行為を受けていたのだ。ひどく反省したトニーはミリーに謝罪するが、なかなか受け付けてはもらえなかった。そんな中、ジョンが生前に依頼した殺し屋がミリーの命を狙ってきた。そこで、もともとボディガードであるトニーは、ミリーの護衛をつとめることになった。

≪感想≫
 ミリーに対する誤解はすぐに解け、ミリーを守る態勢に入るので安心して読めます。それにしても、高校時代から嘘ばかりついていたジョンの言葉をあっさり信じてしまうあたりは、今までの「テキサスの恋」ヒーローと同じような感じです。
 
≪登場人物≫
 トニー・ダンゼッタ・・・ボディガード
 ミリセント・エバンズ・・・図書館員

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 ジャレッド・キャメロン・・・牧場主。トニーがボディガードを務めた
 フランク・マリオット・・・トニーの友人

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です
 「幼さと戸惑いと」(テキサスの恋35) D-1300 ジャレッド

≪BOOK DATA≫
 クリスマス・ストーリー2009「四つの愛の物語」 MARRIED BY CHRISTMAS X-27 2009年11月
  「指輪はイブの日に」(テキサスの恋37) Slent Night Man     ダイアナ・パーマー(高橋美友紀)
  「王子様と聖夜を」          Christmas Reunion    キャサリン・ジョージ(橋由美)
  「魅惑の舞踏会」           A Mistress Masquerade  ルイーズ・アレン(苅谷京子)
  「忘れえぬクリスマス」        Can This Be Christmas? デビー・マッコーマー(島野めぐみ)
 
 

「凍てついたハート」(テキサスの恋36) ダイアナ・パーマー D-1335

≪あらすじ≫
 動物病院で獣医の助手をしているキーリーは、親友ウィニーの兄ブーンに思いを寄せていたが、彼はキーリーに冷たい態度をとり続けていた。そんな中、キーリーはブーンの弟クラークから恋人のふりをしてくれるように頼まれた。本当の恋人との交際をブーンに反対されたので、キーリーを煙幕にして恋人と密かに会おうというのだ。クラークの頼みを断りきれず、キーリーは彼の恋人役を演じることになった。

≪感想≫
 ブーンの態度に一貫性がなく混乱しました。例によって誤解して暴言を、というパターンです。それにしても、こうも簡単に騙されてしまうとは、情けない限りです。
 D-1250「口づけの行方」で出てきたヘイズ・カーソン保安官の弟ボビーの死の真相が明らかになります。

≪登場人物≫
 ブーン・シンクレア・・・牧場主(30才)
 キーリー・ウェルシュ・・獣医助手(19才)

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 ベントリー・リデル   獣医(動物病院のオーナー)(32才)
 キルレイブン      警察官(ジョン・ブラックホークの異母兄)
 キャッシュ・グリヤ   警察署長(ガロン・グリヤの弟)
 ハーリー・ファウラー
 ヘイズ・カーソン    保安官
 コパー・コルトレーン  医師
 キャグ・ハートと妻テス

 「デスペラード」(L-441「銀色のスポットライト」で登場)のコンサートに行くシーンが出てきます
 
≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
 「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。

 「口づけの行方」(テキサスの恋34) D-1250(コミック)      本作の前段
 「婚約のルール」(テキサスの恋13) L-721(P-129)(HQSP-17)  医師コパー・コルトレーン 
 「愛に裏切られても」    PS-42     キャッシュ・グリヤ(警察署長)
 
≪BOOK DATA≫
 「凍てついたハート」(テキサスの恋36) Heart of Stone 
   ダイアナ・パーマー(宮崎真紀) D-1335 2009年10月

「幼さと戸惑いと」(テキサスの恋35) ダイアナ・パーマー D-1300

≪あらすじ≫ 
 ジェイコブズビルの本屋で働くサラは、最近引っ越してきた牧場主のジャレットに本を届けに行ったが、彼は傲慢な男だった。だがサラが虫垂炎になったことがきっかけで、次第に彼が優しい人柄であることがわかってきた。そんな折、サイ・パークスの牧場でバーベキューパーティーが開かれ、二人の関係に変化が訪れた。

≪感想≫
 ジャレッドの鬼畜度は低めです。

 ハーリー・ファウラーは、またしても当て馬にされてしまってかわいそうな立場になっています。

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 ・リサ・パークス       子犬がサラの絵本のモデルになっている。一歳半の息子ギルがいる
 ・ハーリー・ファウラー サイ・パークスの牧場のカウボーイ
 ・キャッシュ・グリヤ  警察署長
 ・コパー・コルトレーン 医師
 ・トニー・ダンゼッタ  ジャレッドのボディガード、通称トニー・ザ・ダンサー

≪登場人物≫
 ジャレッド・キャメロン・・・牧場主
 サラ・ドブズ・・・・・・・・書店の店員

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫ 「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です

 「婚約のルール」(テキサスの恋13) L-721(P-129)(HQSP-17) 医師コパー・コルトレーン
 「愛に裏切られても」  PS-42  キャッシュ・グリヤ(警察署長)とティピー・ムーア(モデル)
 「傷だらけのヒーロー」(孤独な兵士6) D-927(P-258)   サイ・パークスとリサ
 「指輪はイブの日に」(テキサスの恋37) X-27        トニー・ダンゼッタ

≪コミック≫
 「幼さと戸惑いと」(テキサスの恋35) 
   あさみさとる/ダイアナ・パーマー ハーレクインコミックス 2014年2月
 

 
≪BOOK DATA≫
 「幼さと戸惑いと」(テキサスの恋35) Iron Cowboy 
   ダイアナ・パーマー(杉本ユミ) D-1300 2009年5月
 

「口づけの行方」(テキサスの恋34) ダイアナ・パーマー D-1250

≪あらすじ≫
 アイヴィは、アイヴィについての嘘を触れ回る自分勝手な姉レイチェルに悩まされ続けてきた。そして、その嘘を信じ込んだ父が姉に遺産のすべてを遺したため、アイヴィは経済的に苦しい日々を送っていた。そんなアイヴィの支えとなっていたのは、親友のメリーだった。ある日、メリーの家に泊まったアイヴィは、留守のはずのメリーの兄スチュアートと真夜中のバスルームで鉢合わせしてしまった。スチュアートは、アイヴィが誘いをかけてきたと誤解して彼女にキスをしたが、彼女が偏頭痛を起こしているのに気付いて親身に看病してくれた。 だがその直後、スチュアートが美女と寄り添っている写真が新聞に載り、アイヴィは彼とは距離を置こうと考えるのだった。
 そして二年後アイヴィは、ドリー・ハートから引き継いだ会計事務所で働いていた。しかし、姉レイチェルが麻薬にかかわっているのが不安だった。

≪感想≫
 L-1130「冷酷な口づけ」、 PS-42「愛に裏切られても」での事件が一応決着します。 
 本作はヒーローが誤解して暴言を...ということはあまりなく、安心して読めました。むしろ物足りないような気がするのは、これまでの作品が暴言の塊なので、毒されてしまったのでしょうか。
 ロマンス部分よりも、麻薬がらみの事件の方に重点が置かれていたような気がします。

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 ・作中のダンスパーティーに出ていた人
   ジャスティン夫妻と三人の息子、トレメイン家ハート家の夫妻、マイカ・スティールとキャリー、コルトレーン夫妻、コールドウェル夫妻、キャッシュ・グリヤ夫妻、ジャド・ダン夫妻
 ・ルー・コルトレーン     アイヴィの主治医
 ・チェイス・マクリード    ヨーク牧場の警備主任、元FBI
 ・ドリー・ハート       アイヴィが引き継いだ会計事務所の経営者
 ・キャッシュ・グリヤ     警察署長
 ・ブレイク・ケンプ      弁護士 結婚したばかり
 ・ヘイス・カーソン      保安官(弟ボビーの死にミネットが責任があると考えて彼女と反目)
 ・ミネット・レイナー     ジェイコブズビル・タイムズ経営者
 ・マーシュ・ベイリー     ミネットの牧場の管理人 元シークレットサービス
 ・アレクサンダー・コッブ   麻薬取締局
 ・コルビー・レーンとサリーナ サリーナの元同僚ロドリゴ・サミレスに麻薬事件の協力を求める予定
                娘が一人

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
 「テキサスの恋」シリーズの中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。
作品中のパーティーには、これまでのシリーズの登場人物がたくさん出てきますが、 多すぎるので省略しました。

  「婚約のルール」(テキサスの恋13) L-721(P-129)(HQSP-17) アイヴィの主治医ルーがヒロイン
  「クリスマスプレゼントは私」(クリスマスストーリー’98)(テキサスの恋14) X-11(PB-42)(HQSP-17)(コミック) ヒロイン・ドリーの会計事務所をアイヴィが引き継いだ
  「冷酷な口づけ」(テキサスの恋29) L-1130 (PB-105) 本作の前段
  「ボスへの想い」(テキサスの恋32) D-1140(PB-113) 弁護士ブレイク・ケンプがヒーロー
  「愛に裏切られても」  PS-42 キャッシュ・グリヤ(警察署長)とティピー・ムーア(モデル) 本書の前段

≪コミック≫
  「口づけの行方」(テキサスの恋34) 
    中山紗良/ダイアナ・パーマー ハーレクイン 2009年4月

≪BOOK DATA≫
 「口づけの行方」(テキサスの恋34) Winter Roses
   ダイアナ・パーマー(氏家真智子) D-1250 2008年11月

「あなたを忘れたい」(テキサスの恋33) ダイアナ・パーマー D-1196(PB-114)

≪あらすじ≫
 テリーは14歳のとき、母を亡くしたあと身を寄せていた里親の家から救い出され、J・B・ハンモックに引き取られた。母がJ・Bの牧場頭と結婚していたからだ。J・Bの妹で未亡人のマージとマージの娘たちと暮らし、一手に炊事を引き受け家族同然となっていた。やがてテリーはJ・Bに思いを寄せるようになったが、J・Bの態度は冷たかった。マージが心臓発作を起こし、それを知らせにJ・Bの家に行ったテリーは、恋人と戯れていたJ・Bからいきなり「僕は君を求めていない。僕の前から永遠に消えろ!さっさと出て行け!」と怒鳴られた。家を飛び出したテリーは、雨にハンドルを取られカーブで車を横転させてしまった。

≪感想≫
 ヒーローが暴言の塊なのはいつも通りという感じですが、暴言だけではなく嘘までつくのですから、最低としかいえません。
 J・Bが何をしようとしているのか、最後までよくわからないままでした。

≪メモ≫(本作の登場人物の中で今までの作品の主人公、これから主人公になりそうな人)
 ・ジャスティンとカルフーン兄弟 彼らの飼養場でテリーが働く
                 ジャスティンとシェルビーの間には三人の息子がいる
 ・J・D・ラングリー 妻フェイの産休中の穴埋めとしてテリーがバレンジャー飼養場で働く
 ・キャッシュ・グリヤ  巻末で「明日ティピーと結婚する」と発言
 ・グレーンジ  バレンジャー飼養場で働く(元特殊部隊)

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
   「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。
 
「子供じゃないのに」(テキサスの恋1) L-389(LV-25)(P-31)(HQSP-5) カルフーン・バレンジャー(弟)とアビー
 「祝福のシャンパン」(テキサスの恋2) L-396(LV-26)(P-33)(HQSP-6) ジャスティン・バレンジャー(兄)とシェルビー
 「婚約のルール」(テキサスの恋13)  L-721(P-129)(HQSP-17)  医師コパー・コルトレーン
 「愛に裏切られても」     PS-42     キャッシュ・グリヤ(警察署長)

 
≪コミック≫
 「あなたを忘れたい」(テキサスの恋33) 
   桐島ルカ/ダイアナ・パーマー ハーレクイン 2008年10月

≪再版≫
 「あなたを忘れたい」(テキサスの恋33) Heartbreaker
   ダイアナ・パーマー(清水由貴子) PB-114 2011年11月

≪BOOK DATA≫
 「あなたを忘れたい」(テキサスの恋33) Heartbreaker
   ダイアナ・パーマー(清水由貴子) D-1196 2007年9月

「ボスへの想い」(テキサスの恋32) ダイアナ・パーマー D-1140(PB-113)

≪あらすじ≫
 バイオレットは弁護士事務所で秘書として働いているが、ボスのブレイクに密かに思いを寄せていた。だが、彼にさんざん罵られたことに憤慨し、彼への秘めた思いを同僚にぶちまけたところ、その会話をブレイク本人に聞かれてしまった。いっそうきつい態度になったブレイクに耐え切れなくなったバイオレットは事務所を辞め、彼と敵対する牧場主のところへ転職した。そんな中、急死したバイオレットの父が 実は殺害された可能性があることがわかった。

≪感想≫
  L-1130 「冷酷な口づけ」とPS-42 「愛に裏切られても」 とほぼ同時進行の話です。バイオレットの父を殺害した犯人と目されているのは、「冷酷な口づけ」のヒロイン、リビーの義母なので、特に「冷酷な口づけ」との関連が強くなっています。

 本作は、ブレイクの煮え切らない態度が最大の問題点ですが、それ以外はごく普通です。

 L-1070「実らぬ純愛」、L-1130「冷酷な口づけ」でかっこいいところを見せたハーリー・ファウラーは、バイオレットが好きだったのにブレイクに先を越されて、またも気の毒な立場です。
 医師ルー・コルトレーンはいろいろな作品に出てきますが、まるで「こういう場合」の御用達のようです。

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
 「テキサスの恋」シリーズの中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。
作品中の結婚式には、これまでのシリーズの登場人物がたくさん出てきますが、 多すぎるので省略しました。
 「子供じゃないのに」(テキサスの恋1)  L-389(P-31)(LV-25)(HQSP-5) カルフーン・バレンジャー
 「婚約のルール」(テキサスの恋13)   L-721(P-129)(HQSP-17) 医師ルー・コルトレーン
 「冷酷な口づけ」(テキサスの恋29)   L-1130 バイオレットの同僚リビーとジョーダン 
 「愛に裏切られても」(テキサスの恋 )
PS-42
   キャッシュ・グリヤ(警察署長)とティピー・ムーア(モデル)

≪再版≫
 「テキサスの恋-ウィンター・アンコール(2)」 PB-113 2011年10月
 「初恋にさよなら」(テキサスの恋21) ダイアナ・パーマー(寺尾なつ子) Z-12(Z-18)
  「ボスへの想い」(テキサスの恋32)  ダイアナ・パーマー(神鳥奈穂子) D-1140

≪BOOK DATA≫
 「ボスへの想い」(テキサスの恋32) Boss Man
   ダイアナ・パーマー(神鳥奈穂子) D-1140 2006年7月

「若すぎた妻」 ダイアナ・パーマー PS-37

≪あらすじ≫
 16歳のとき、クリスタベルは酔った父親から暴力をふるわれ、背中にひどい怪我をした。テキサス・レンジャーのジャドは、成人するまで彼女を守るために名目だけの結婚をし、二人で牧場を共同経営することにした。そして5年がたち、まもなくクリスタベルが21歳の成人を迎える時期になった。そんな折、映画の撮影で牧場が使用されることになり、撮影隊がやってきた。そしてジャドは女優のティピー・ムーアと親密になり、クリスタベルをないがしろにするようになった。

≪感想≫
 L-1070「実らぬ純愛」とほぼ同時進行で、そこで決着のついていなかった牛の怪死事件が本作で解決します。そして、本作の続きがPS-42「愛に裏切られても」です。うっかり先に「愛に裏切られても」を読んでしまって失敗でした。

 ジャドはクリスタベルにずっと冷淡な態度をとり続けてきたのに、彼女にキャッシュ・グリヤが近付いてくると、とたんに彼女を束縛し始めます。その一方ティピーに高価なプレゼントをしたりと、クリスタベルを傷つけるような行動ばかりします。とはいうものの、ジャドはクリスタベルに暴言を吐いたりはしないので、安心して読めました。

 ジャドとクリスタベルが牛の商談のため、大阪と京都を訪れるシーンがかなり詳しく書かれています。また、巻末で、 D-989「遅すぎた初恋」のレイ夫妻に子供が生まれています。

≪シリーズ≫≪スピンオフ≫
  「テキサスの恋」シリーズ等の中で本作に関係ありそうなものは以下の作品です。
 
 「婚約のルール」(テキサスの恋13) L-721(P-129)(HQSP-17) 医師コパー・コルトレーンとルー 
 「遅すぎた初恋」(テキサスの恋26) D-989(PB-102)(コミック) ハート兄弟五男レイナード(レイ)
 「実らぬ純愛」(テキサスの恋27)  L-1070(PB-103) ハート兄弟四男レオポルド(レオ) 
 「愛に裏切られても」 PS-42 キャッシュ・グリヤ(警察副署長)とティピー・ムーア(モデル) 

≪BOOK DATA≫
 「若すぎた妻」 Lawless 
   ダイアナ・パーマー(霜月桂) PS-37 2006年2月

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ダイアナ・パーマー

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索