FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [ジェニファー・グリーン ] 記事一覧

「富豪一族への招待」(富豪一族:知られざる相続人VI) --今宵はプリンセス-- ジェニファー・グリーン HT-8

≪あらすじ≫
 セバスチャンとジェッサは、ライアン・フォーチュンが交通事故にあった時に命がけで助けたことにより、彼からすばらしい豪邸を贈られた。その屋敷は二人の共有ということで、どのように処分してもよいということだったが、どのようにするか二人の意見がまとまらず、ことあるごとにぶつかり合うのであった。

≪感想≫
 ジェッサが高級ブティックに勤めているだけあって、ファッションの描写が細かくて素敵でした。二人の気持ちもしっかりと描かれていました。 

≪シリーズ≫ 富豪一族:知られざる相続人
 1. 「ドクターを慕って」   アン・マリー・ウィンストン D-1134 長女ミランダの次男ケイン
 2. 「さまよえるシンデレラ」 アイリーン・ウィルクス   D-1138 長女ミランダの長女エマ
 3. 「最後の夜に」       シャーリー・ロジャーズ    D-1142 長女ミランダの長男ジャスティン
 4. 「狼とシンデレラ」     バーバラ・マコーリィ     D-1146 次男キャメロンの娘ホリー
 5. 「秘書の片想い」      キャスリーン・ガリッツ   D-1150 次男キャメロンの息子ジョナス
6. 「富豪一族への招待」              HT-8 
     「シークと魔法の指輪」  バーバラ・ボズウェル       三男ライアンの息子ニコ
     「今宵はプリンセス」   ジェニファー・グリーン
     「プレイボーイの愛し方」 ジャッキー・メリット
7. 「 明日なき結婚」     モーリーン・チャイルド    D-1154 次男キャメロンの息子サム

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「富豪一族への招待」(富豪一族:知られざる相続人VI) Gifts of Fortune HT-8 2006年10月
   「シークと魔法の指輪」  The Holiday Heir   バーバラ・ボズウェル(柿沼瑛子)
   「今宵はプリンセス」   The Christmas House ジェニファー・グリーン(柿沼瑛子)
   「プレイボーイの愛し方」 Maggie's Miracle   ジャッキー・メリット(柿沼瑛子)

「億万長者の求婚」(富豪一族の花嫁I) ジェニファー・グリーン D-1018(P-351)

≪あらすじ≫ ケイレブの次男エメットの長男マック(チャド、クロエの兄)
 フォーチュン家の女家長ケイトの個人秘書をつとめるケリーは、ケイトの夫の弟ケイレブの孫チャドの子供をみごもったが、彼に捨てられてしまった。チャドの兄でフォーチュン社の財務担当であるマック(マッケンジー)は、ケリーを守り、生まれてくる子供にフォーチュン家の名前と権利を与えるために、ケリーと結婚することにした。

≪感想≫
 今回の「富豪一族の花嫁」のシリーズは、フォーチュン家の女家長ケイトの夫ベンの弟ケイレブの孫たちの話が主になります。

 他の男性の子供を妊娠している女性とのロマンスというのは、あまり好きではありません。まして本作はヒーローの弟の子供になるので、今後の人間関係のややこしさを考えると、いっそう複雑な気持ちになります。しかし、冷徹な企業人のマックが、妻の妊娠と出産におたおたする様子はほほえましく、ゆったりと読めました。

≪シリーズ≫ 富豪一族の花嫁 ・・・ 主にケイトの夫ベンの弟ケイレブの孫の話
 1. 億万長者の求婚   ジェニファー・グリーン  D-1018(P-351) ケイレブの次男エメットの長男マック 
2. 億万長者の誤解  エリザベス・ベヴァリー D-1022(P-351) ケイレブの長男スチュアートの長男ギャレット
3. シンデレラの初恋 バーバラ・ボズウェル SB-2(P-353)  ケイトの三男ブランドンの娘アンジェリカ
4. 億万長者の苦悩  リアン・バンクス  D-1026(P-353) ケイレブの長男スチュアートの次男ジャック
5. 億万長者の秘密  スーザン・クロスビー D-1030(P-355) ケイレブの長男スチュアートの婚外子モリー 
6. 億万長者の償い   マリーン・ラブレース D-1034(P-355) ケイレブの次男エメットの長女クロエ

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪再版≫
 「富豪一族の花嫁(1)」 P-351 2009年7月
   「億万長者の求婚」 ジェニファー・グリーン(秋元美由起)
   「億万長者の誤解」 エリザベス・ベヴァリー(山口西夏)
富豪一族の花嫁〈1〉 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ)富豪一族の花嫁〈1〉 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ)
(2009/07)
ジェニファー グリーンベヴァリー エリザベス

商品詳細を見る

≪BOOK DATA≫
 「億万長者の求婚」(富豪一族の花嫁I) The Honor Bound Groom
   ジェニファー・グリーン(秋元美由起) D-1018 2004年1月

「偽りの愛はいらない」(富豪一族の肖像XII) ジェニファー・グリーン N-968(FC12)

≪あらすじ≫ ケイトの末娘レベッカの話
 レベッカは兄ジェイクにかけられた殺人容疑を晴らしたかったが、フォーチュン家が雇った私立探偵のゲイブは、ジェイクの無実を信じてはいないようだった。そこでレベッカは、殺人現場に忍び込んだり治安のよくない地域に踏み込んだりして調査したが、そのたびにゲイブに邪魔をされた。
 一方、ゲイブは無鉄砲なことばかりするレベッカをもてあましていたが、レベッカが成果をあげているのも事実だった。そこで、二人で協力して調査を進めることになった。

≪感想≫
 N-964「残酷なレッスン」が入手できず、重要な部分のストーリーがわからないので困りました。本作はヒロインのレベッカが無茶ばかりするので、いまひとつでした。

 ジェイクが巻き込まれた殺人事件の真相が明らかになりますが、5巻にわたって長々と引っ張ってきたわりには拍子抜けするような真相でした。ケイトの孫と娘の話は本作でひとまず終了し、SB-1「富豪一族のクリスマス」は、ケイトの夫ベンの弟ジークの孫たちの話になります。

≪シリーズ≫ 富豪一族の肖像
 1. 「雇われた夫」     レベッカ・ブランドワイン N-924(FC1)(HQB-276) ケイトの長男の長女キャロライン
 2. 「プレイボーイの純愛」 リサ・ジャクソン     N-928(FC2)(HQB-282) ケイトの次男の息子カイル
 3. 「危険な逃避行」   マリーン・ラブレース   N-932(FC3)(HQB-288) ケイトの長男の三女アリソン
 4. 「御曹子のフィアンセ」 バーバラ・ボズウェル   N-936(FC4)(HQB-306) ケイトの次男の息子マイケル
 5. 「熱く危険な恋人」   リンダ・ターナー     N-940(FC5)(HQB-312) ケイトの長男の四女ロッキー
 6. 「せつない誓い」    アーリーン・ジェイムズ  N-944(FC6)(HQB-318) ケイトの長男の長男アダム
 7. 「百年前から愛してる」 マギー・シェイン     N-948(FC7) ケイトの次男の長女ジェーン
 8. 「誘惑しないで」    クリスティン・リマー   N-952(FC8) ケイトの長男の次女ナタリー
 9. 「ドクターに片思い」  スザンナ・キャレイ    N-956(FC9) ケイトの夫と愛人の間の孫ジェシカ
 10. 「二度目の恋は熱く」  ジャスティン・デイビス  N-960(FC10) ケイトの次男の妻の息子グラント
 11. 「残酷なレッスン」   マリー・フェラレーラ   N-964(FC11) ケイトの次男の末娘クリスティーナ 
 12. 「偽りの愛はいらない」 ジェニファー・グリーン  N-968(FC12) ケイトの末娘レベッカ
 13. 「富豪一族のクリスマス」 短編集        SB-1(FC13) ケイトの夫の弟ジークの孫たち

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪再版≫
 「偽りの愛はいらない」(富豪一族の肖像XII) The Baby Chase
   ジェニファー・グリーン(葉山笹) FC-12 2006年8月

≪BOOK DATA≫
 「偽りの愛はいらない」(富豪一族の肖像XII) The Baby Chase
   ジェニファー・グリーン(葉山笹) N-968 2003年6月

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ジェニファー・グリーン

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索