FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [ま行の作家 ] 記事一覧

「一晩だけの花嫁」 メリッサ・マクローン L-976

≪あらすじ≫
  大富豪ヘンリーは、毎年自分自身の誕生日パーティーを開き、招待客のうちふたりに何らかの冒険をさせていた。今年はさいころで参加者の中から花嫁と花婿を選び、最も俗っぽい結婚式を挙げさせることにした。ただし一流弁護士を雇い、両家の財産を守った上で婚姻無効宣告を行う準備も整えていた。花婿は大企業のオーナーであるブレットで、花嫁は名家の令嬢ローレルが選ばれ、結婚式は無事執り行われた。

 数か月後、ローレルは全財産を失った状態で、ブレットを頼ってきた。

≪感想≫
 お芝居の結婚式をするだけだったはずが思わぬ事態に発展して、という話です。いまひとつ盛り上がりに欠ける展開でしたが、また指輪が重要アイテムとなっています。ヘンリーがいい人ポジションで存在感を示しています。

≪登場人物≫
 ブレット・マシューズ・・・大企業のオーナー、ヘンリーの生家の家政婦の子
 ローレル・ワージントン・・・名家の令嬢、シンシアの友人

≪スピンオフ≫
 「伝説の指輪」   L-934(HR-83)(コミック)  クリスティーナ
「一晩だけの花嫁」 L-976        シンシアの友人ローレル 大富豪ヘンリーの縁結び
 「ブーケの魔法」  L-1025(コミック)  クリスティーナのいとこケルシーとウィル
 「熱砂の誘惑」   L-1083       ケルシーの兄ケイドとローレルの友人シンシア 大富豪ヘンリーの縁結び
 「大富豪の誤算」  L-1156(HR-246)  大富豪ヘンリー
 「理想の恋人」   L-1173       ウィルの妹フェイス 大富豪ヘンリーの縁結び

≪BOOK DATA≫
 「一晩だけの花嫁」 The Wedding Lullaby
   メリッサ・マクローン(山田沙羅) L-976 2001年12月

「ブーケの魔法」 メリッサ・マクローン L-1025

≪あらすじ≫
 ウエディングコンサルタントのケルシーのもとに、ウィルという男性が訪れ、彼の妹のフェイスの結婚式準備を依頼してきた。しかし、ケルシーはそれを聞いて、怒りに震えた。それというのも、フェイスはケルシーに4回も結婚式を依頼したが、4回とも結婚式の直前に婚約は破棄され、ケルシーの準備は全くの無駄になってしまったからだった。 だがウィルは巧みにフェイスを説得し、結局フェイスは結婚式のコーディネイトを引き受けることになった。
 さらにマスコミに嗅ぎ付けられられないように、式を行うホテルに隣接したウィルの家に泊まり込んで、準備作業を行うことになったのだ。

≪感想≫
 L-934「伝説の指輪」の主人公2人の結婚式のシーンからスタートします。結婚式で投げられたブーケをキャッチしたのがケルシーです。結婚式の準備を2人で協力しながら行ううちに、というよくある展開です。以前に妻を亡くした経験のあるウィルと、何度も結婚離婚を繰り返す両親を持ったケルシーという、結婚にトラウマを持つ二人が徐々に変わっていきます。
 フェイスの結婚式がどうなるかは、読んでのお楽しみ。

≪登場人物≫
 ウィル・アディソン・・・スター不動産経営(フェイスの兄)
 ケルシー・アームストロング・ウォーターズ・・・ウエディングコンサルタント(ケイドの妹、クリスティーナのいとこ)

≪スピンオフ≫
 「伝説の指輪」   L-934(HR-83)(コミック)  クリスティーナ
「一晩だけの花嫁」 L-976        シンシアの友人ローレル 大富豪ヘンリーの縁結び
 「ブーケの魔法」  L-1025(コミック)  クリスティーナのいとこケルシーとウィル
 「熱砂の誘惑」   L-1083       ケルシーの兄ケイドとローレルの友人シンシア 大富豪ヘンリーの縁結び
 「大富豪の誤算」  L-1156(HR-246)  大富豪ヘンリー
 「理想の恋人」   L-1173       ウィルの妹フェイス 大富豪ヘンリーの縁結び

≪コミック≫ 
 「ブーケの魔法」   
   しのざき 薫/メリッサ・マクローン ハーレクインコミックス 2009年7月
ブーケの魔法-【電子書籍】

ブーケの魔法-【電子書籍】
価格:500円(税込、送料込)


≪BOOK DATA≫
 「ブーケの魔法」 His Band of Gold  
   メリッサ・マクローン(山田沙羅) L-1025 2003年1月

クリスマス・ストーリー「四つの愛の物語」 --忘れえぬクリスマス デビー・マッコーマー X-27

≪あらすじ≫
 クリスマスイブの日、さまざまな事情を抱えた乗客たちがボストン行きの列車に乗り合わせていた。

・海軍勤務で恋人のエイミーと遠距離恋愛になってしまったレンは、プロポーズのためにボストン発の飛行機にどうしても乗らなければならなかった。
・長年連れ添った夫を10月に亡くしたばかりのキャシーは、クリスマス休暇をボストンに住む娘一家に招待されていた。
・昇進を逃した上に、妻ともうまくいかなくなっていたマシューは、クリスマス直前に出張を命じられて、妻から不興を買ってしまった。クリスマス前に家に帰ることができなければさらに妻に責められるだろう。
・ニックとケリー夫妻は長年子供に恵まれなかったが、ついに養子を迎えることができ、子供をつれて実家に帰省するところだった。
 
 しかし、雪のせいで遅れていた列車は、先行列車の脱線事故のために途中の駅で止まってしまい、いつ復旧するかわからなかった。

≪感想≫
 いわゆるグランドホテル方式の作品です。焦点のあたっている乗客が、あまり幸福な状態ではないので、クりスマスらしい華やかさには欠ける感じです。

≪BOOK DATA≫
 クリスマス・ストーリー2009「四つの愛の物語」 MARRIED BY CHRISTMAS X-27 2009年11月
  「指輪はイブの日に」(テキサスの恋37) Slent Night Man     ダイアナ・パーマー(高橋美友紀)
  「王子様と聖夜を」          Christmas Reunion    キャサリン・ジョージ(橋由美)
  「魅惑の舞踏会」           A Mistress Masquerade  ルイーズ・アレン(苅谷京子)
  「忘れえぬクリスマス」        Can This Be Christmas? デビー・マッコーマー(島野めぐみ)
 

「まやかしのプロポーズ」(富豪一族の絆I) ペギー・モアランド D-1212

≪あらすじ≫ ナッシュの長男ケイス
 ジーナは絵本作家として名誉ある賞を受賞し、地元の書店でサイン会を行っていた。そのサイン会で子供たちにまじってケイス・フォーチュンという富豪一族の一員がサインを求めに来た。そしてケイスはジーナをデートに誘ってきたが、ジーナはケイスを仕事に夢中で家族をないがしろにしてきた父の同類だと考えて、冷たくあしらうのだった。一方、ケイスはジーナの父が経営する石油精製会社と合併話を進めていたが、突然先方から合併話を断ってきたため、ジーナに近づいてきたのだった。

≪感想≫
 新しい富豪一族シリーズです。テキサスのフォーチュン家の遠縁にあたるナッシュ・フォーチュンの子供たちを中心とした話になります。

 ここまでひどい男がいただろうか、というくらいひどいヒーローです。最後には自分のしたことを後悔して、いいろいろ対処するのですが、その対処策そのものも的はずれな上に、会社を合併させるためならどんな卑怯な手でも使うという価値観そのものが、受け入れがたいものでした。また、ヒロインとその父とのいきさつも後味の悪いものでした。

≪登場人物≫
 ケイス・フォーチュン・・・ダコタ・フォーチュン社経営者(ナッシュの長男・母はナッシュの最初の妻エリザベス)
 ジーナ・レノルズ・・・・絵本作家

≪シリーズ≫ 富豪一族の絆
 1. 「まやかしのプロポーズ」 ペギー・モアランド     D-1212 ナッシュの長男ケイス
 2. 「すれ違うままに」    ブロンウィン・ジェイムスン D-1214 キングストンの長男デディの長男マックス
 3. 「スキャンダラスな令嬢」 シャーリーン・サンズ    D-1220 ナッシュの長女エリザ
 4. 「狙われた初恋」     キャシー・ディノスキー   D-1222 ナッシュの三男ブレイク
 5. 「春の嵐のように」    ジャン・コリー       D-1226 ナッシュの次女スカイラー
 6. 「忘れるための一夜」   ハイディ・ベッツ      D-1229 ナッシュの次男クリードとナッシュの三人目の妻の連れ子マヤ

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「まやかしのプロポーズ」(富豪一族の絆I) Merger of Fortunes 
   ペギー・モアランド(高橋美友紀) D-1212 2008年1月

「熱砂の誘惑」 メリッサ・マクローン L-1083

≪あらすじ≫
 大富豪ヘンリーは、毎年自分自身の誕生日パーティーを開き、招待客のうちふたりに何らかの冒険をさせていた。去年の冒険者ふたりは恋に落ち、結婚する結果となった。そこでヘンリーは今年も縁結びを企て、念入りにふたりの冒険者を選ぶことにした。
 子どもたちのための非営利財団を運営するケイドは、財団の資金繰りに苦労していた。そこにヘンリーから誕生日パーティーに出席すれば10万ドル寄付すると言ってきたため、渋々出席することになった。その席でケイドはお金持ちの娘シンシアを紹介されたが、いかにも金持ちの男を狙いそうなタイプだと感じて彼女に反感を抱いた。だが冒険者ふたりを選ぶくじ引きで、ケイドとシンシアが当選し、ふたりで二週間無人島で過ごすことになってしまった。

≪感想≫
 アウトドア体験のないシンシアをいきなり無人島に連れて行くのは、かなり無謀な計画でした。島でさんざんな目にあわされたシンシアが、次作L-1156「大富豪の誤算」でヘンリーに仕返しをしようとするのも無理もない状況です。
 シンシアは、安定した生活のために、裕福で大家族の男との結婚をもくろんでいます。けれども、あさっての方角にばかり努力して、事態を悪化させてばかりだったシンシアですが、だんだん変わっていきます。
 
≪登場人物≫
 ケイド・アームストロング・ウォーカー・・・非営利財団代表(ケルシーの兄、クリスティーナのいとこ)
 シンシア・スターリング・・・・・・・・・・・・・・・金持ちの令嬢

 ≪スピンオフ≫
 「伝説の指輪」   L-934(HR-83)(コミック)  クリスティーナ
「一晩だけの花嫁」 L-976        シンシアの友人ローレル 大富豪ヘンリーの縁結び
 「ブーケの魔法」  L-1025(コミック)  クリスティーナのいとこケルシーとウィル
 「熱砂の誘惑」   L-1083       ケルシーの兄ケイドとローレルの友人シンシア 大富豪ヘンリーの縁結び
 「大富豪の誤算」  L-1156(HR-246)  大富豪ヘンリー
 「理想の恋人」   L-1173       ウィルの妹フェイス 大富豪ヘンリーの縁結び

≪BOOK DATA≫
 「熱砂の誘惑」 The Wedding Adventure 
   メリッサ・マクローン(山田沙羅) L-1083 2004年3月
熱砂の誘惑-【電子書籍】

熱砂の誘惑-【電子書籍】
価格:500円(税込、送料込)

  

「理想の恋人」 メリッサ・マクローン L-1173

≪あらすじ≫
 ガブリエル・ローガン(ゲイブ)は、長い間ララビー・ハウスというクラフトマンスタイルの美しい邸宅を買い取ろうと貯金をしていた。だが、以前から彼が買取を申し出ていたにもかかわらず、持ち主の老婦人は別の人間に邸宅を売ってしまった。そして、その家の買主は邸宅をB&B(朝食つきホテル)にリフォームするためにゲイブを雇ったのだ。その仕事を友人のヘンリーから紹介された時には、ゲイブは気が進まなかったが、他の業者にまかせるわけにはいかず、引き受けたのだった。そして、邸宅の改築現場に現れた買主は、なんと女優のフェイス・スターだった。

≪感想≫
 ゲイブはL-1156「大富豪の誤算」のヒロイン・エリザベスの親友テレサの兄です。フェイスはL-1025「ブーケの魔法」のヒーロー・ウィルの妹にあたり、ヒロイン・ケルシーが企画した結婚式を5回キャンセルしています。
 家にこだわるゲイブと、家業である不動産業にこだわるフェイスの行き違いがメインとなります。

≪登場人物≫
 ガブリエル・ローガン(ゲイブ)・・・建築士
 フェイス・スター・アディソン・・・・・女優(ウィルの妹)

≪スピンオフ≫
 「伝説の指輪」   L-934(HR-83)(コミック)  クリスティーナ
「一晩だけの花嫁」 L-976        シンシアの友人ローレル 大富豪ヘンリーの縁結び
 「ブーケの魔法」  L-1025(コミック)  クリスティーナのいとこケルシーとウィル
 「熱砂の誘惑」   L-1083       ケルシーの兄ケイドとローレルの友人シンシア 大富豪ヘンリーの縁結び
 「大富豪の誤算」  L-1156(HR-246)  大富豪ヘンリー
 「理想の恋人」   L-1173       ウィルの妹フェイス 大富豪ヘンリーの縁結び

≪BOOK DATA≫
 「理想の恋人」 Blueprint for a Wedding
   メリッサ・マクローン(緒川さら) L-1173 2006年2月
理想の恋人-【電子書籍】

理想の恋人-【電子書籍】
価格:500円(税込、送料込)

 

「大富豪の誤算」 メリッサ・マクローン L-1156(HR-246)

≪あらすじ≫
 大富豪ヘンリーは、自分の誕生日パーティーで友人の男女ひとりずつを選んで冒険をさせ、縁結びを成功させていた。だが、その冒険をさせられて冒険相手と婚約したシンシアは、こんなふうに人の人生をもてあそんでいると今後傷つく人が出てくるに違いないと考え、ヘンリーにある賭けをもちかけた。それは、ヘンリーが全財産を失った男という設定で農場で働き、一ヶ月素性を明かさずにもちこたえたら、今後も縁結び計画を続行できるが、失敗したらもう縁結びはやめるという賭けだった。そこで、ヘンリーは働き手がなくて困っているエリザベスの農場で働くことになった。エリザベスは3人の弟妹を抱え、ウエイトレスの仕事とかけもちで農場の仕事もしていたのだ。

≪感想≫
 シンシアはL-1083「熱砂の誘惑」のヒロインです。友人たちに冒険をさせていたヘンリー自身が、冒険をする羽目になります。慣れない農場での仕事を一生懸命にがんばるヘンリーの姿がみどころです。鶏を殺せなくて、鶏を抱いて撫でていた姿など目に見えるようです。ユーモアあふれる描写は、本作でも健在です。
 
 ヘンリーは、巻末で懲りずに次の縁結びのターゲットに目をつけています。

≪登場人物≫
 ヘンリー・ダベンポート・・・億万長者
 エリザベス・ウィーラー・・・農場経営・ウエイトレス

≪スピンオフ≫
 「伝説の指輪」   L-934(HR-83)(コミック)  クリスティーナ
「一晩だけの花嫁」 L-976        シンシアの友人ローレル 大富豪ヘンリーの縁結び
 「ブーケの魔法」  L-1025(コミック)  クリスティーナのいとこケルシーとウィル
 「熱砂の誘惑」   L-1083       ケルシーの兄ケイドとローレルの友人シンシア 大富豪ヘンリーの縁結び
 「大富豪の誤算」  L-1156(HR-246)  大富豪ヘンリー
 「理想の恋人」   L-1173       ウィルの妹フェイス 大富豪ヘンリーの縁結び

≪再版≫
「大富豪の誤算」 The Billionaire's Wedding Masquerade 
   メリッサ・マクローン(山田沙羅)  2009年10月

≪BOOK DATA≫
 「大富豪の誤算」 The Billionaire's Wedding Masquerade 
   メリッサ・マクローン(山田沙羅) L-1156 2005年9月
大富豪の誤算 -【電子書籍】

大富豪の誤算 -【電子書籍】
価格:500円(税込、送料込)

 

「伝説の指輪」 メリッサ・マクローン L-934(HR-83)

≪あらすじ≫
 地中海のサンモンティコ王国には伝説の指輪というものがあった。皇太子はその指輪がぴったりはまった女性と一週間以内に結婚しなければならず、結婚しないときは王位継承権を失うというものだった。ただし、30歳になっても指輪が合う女性が現れなければ指輪の伝説から解放されるのだ。。

 この日はリシャール皇太子の30歳の誕生日を祝う舞踏会で、出席した女性全員に指輪をためしてもらうことになっていた。アメリカの大富豪の娘クリスティーナもこの舞踏会に招待されていた。他の人がためす前に王室顧問にすすめられて彼女が指輪をはめてみたところ、指輪は抜けなくなってしまった。自分で花嫁を選びたいリシャール皇太子と、平穏な生活を望むクリスティーナはあの手この手で指輪をはずそうとするが、どうしても抜けなかった。そして、指輪がぴったり合ったことを知った周囲の人々は、さっそく結婚式の準備を始めるのだった。

≪感想≫
 クリスティーナはホワイトハウスに火を放った女性として有名です。誤って燭台の火をクリスマスツリーに燃え移らせてしまっただけですが。粗忽者でトラブルばかり起こしているクリスティーナですが、非常に魅力的です。笑える場面がたくさんあってとても面白い作品でした。最後の一行まで笑えます。

≪登場人物≫
 リシャール・ド・ティエリ・・・・・・・・・・サンモンティコ王国皇太子
 クリスティーナ・アームストロング・・アメリカの富豪の娘(ケイド、ケルシー兄妹のいとこ)

≪スピンオフ≫
 「伝説の指輪」   L-934(HR-83)(コミック)  クリスティーナ
「一晩だけの花嫁」 L-976        シンシアの友人ローレル 大富豪ヘンリーの縁結び
 「ブーケの魔法」  L-1025(コミック)  クリスティーナのいとこケルシーとウィル
 「熱砂の誘惑」   L-1083       ケルシーの兄ケイドとローレルの友人シンシア 大富豪ヘンリーの縁結び
 「大富豪の誤算」  L-1156(HR-246)  大富豪ヘンリー
 「理想の恋人」   L-1173       ウィルの妹フェイス 大富豪ヘンリーの縁結び

≪コミック≫ 
 「伝説の指輪」 
   中村地里/メリッサ・マクローン 宙出版 2003年7月         
伝説の指輪-【電子書籍】

伝説の指輪-【電子書籍】
価格:500円(税込、送料込)


≪再版≫
 「王家のロマンスを描いた物語」 HR-83 2004年12月
   「シンデレラの契約」 ヴァレリー・パーヴ I-1133
   「伝説の指輪」    メリッサ・マクローン L-934 

≪BOOK DATA≫
 「伝説の指輪」 If the Ring Fits...
   メリッサ・マクローン(山田沙羅) L-934 2001年2月
 

「熱いプロローグ」--秘めた恋心 アン・メイジャー NX-2

≪あらすじ≫ レッドロック署警察官
 レッドロック商業銀行に勤めるアニーは、亡兄の親友グレッグにずっと思いを寄せてきたが、彼はアニーのことを妹のように扱ってきた。だが、ちょっとしたきっかけで二人は一夜をともにしたのだが、その後グレッグの態度はよそよそしくなってしまった。そんな折、アニーの勤める銀行に銀行強盗が侵入し、アニーに拳銃を突きつけ人質にしようとした。そこに警察官であるグレッグが駆けつけてきた。

≪感想≫
 煮え切らない態度を続けるグレッグが情けない感じがします。

 ライアンが少しだけ出てきます。

≪シリーズ≫ 富豪一族の宿命 
 1. 「恋に酔わせて」         マリー・フェラレーラ N-1137 パトリックの長男ジャックとメンドーサ家次女グロリア
 2. 「ボスの誘惑」        クリスタル・グリーン N-1140 メンドーサ家長女クリスティーナ
 □. 「色あせぬ想い 」                 N-1145
    3. 「眠れぬ夜の果て」   ステラ・バグウェル      メンドーサ家三女シエラ
    「再会はベッドで」     アネット・ブロードリック   「キャラウェイ・ダンディーズ」のシリーズ
 □. 「ときめきを教えて」               N-1149
    4. 「悲しみの刻印」    アン・メイジャー       パトリックの三男スティーブ(三つ子)
    「きみへのラブソング」 クリスティン・リマー     富豪一族シリーズではない(ジョーンズ家の話)
 □. 「そばにいるだけで」                 N-1154
    5. 「気づいてほしくて」  マリー・フェラレーラ     ライアンの牧場の元調教師クルスと妻サバンナ
    6. 「禁断の恋は甘く」   ペギー・モアランド      レッドロック署の巡査と刑事
 □. 「ときめきの予感」                 N-1157
    7. 「熱い逃避行」     ローリー・ペイジ       パトリックの次男クライド(三つ子)
    8. 「悲しみを抱きしめて」 カレン・ローズ・スミス    パトリックの長女バイオレット
 □. 「秘めやかな情熱」                 N-1159
    9. 「恋はハプニング」   エリザベス・ベヴァリー    パトリックの四男マイルズ(三つ子)
    10. 「ボディガードの誘惑 マーナ・マッケンジー     レナードの長男ビンセント
 □. 「愛に背いて」                   N-1161
    11. 「氷のプレイボーイ」  クリスティ・ゴールド     レナードの次男ダニエル
    12. 「いとしき悪女 」   シェリ・ホワイトフェザー    レナードの長女スーザン
 □. 「熱い夜の果て」                   N-1163         
    13. 「恋する遺伝子」    マリー・フェラレーラ     エメットのいとこコリン
    14. 「 一夜の魔法」     モーリーン・チャイルド     レナードの次女カイラ
 15. 「愛のめざめ」      クリスティ・リッジウェイ N-1164 ジャミソン家長男エメット
 □. 「熱いプロローグ」                 NX-2
     「秘密のキス」     アン・メイジャー        <フォーチュン・テキサス>社社員
     「秘めた恋心」     クリスティン・リマー      レッドロック署警察官 
     「あなたに帰る日」   カレン・ローズ・スミス    ケータリング業者

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「熱いプロローグ」(富豪一族の宿命) Secret Admirer NX-2 2007年4月
   「秘密のキス」   Secret Kises  アン・メイジャー(藤田由美)    <フォーチュン・テキサス>社社員
   「秘めた恋心」   Hidden Hearts  クリスティン・リマー(鈴木いっこ) レッドロック署警察官 
   「あなたに帰る日」 Dream Marriage カレン・ローズ・スミス(佐藤敏江) ケータリング業者

「熱いプロローグ」(富豪一族の宿命)--秘密のキス アン・メイジャー NX-2

≪あらすじ≫ <フォーチュン・テキサス>社の社員
 <フォーチュン・テキサス>社に勤めるジェーンは、同僚のマットと市場調査部長の座を争っていた。ジェーンとマットは以前同じ高校に通っていたが、濡れたTシャツを着て体の線があらわになったジェーンの隠し撮り特大写真をマットがロッカールームに貼ったことがきっかけで、絶縁状態となっていた。この件でジェーンはサンアントニオの女子高に転校することになり、マットは生徒会長を解任され退学になってしまったのだ。だが、「レッドロック・ガゼット」紙に匿名のラブレターが載ったり、ジェーンに花束が届けられたりして、二人の関係が変わってきた。

≪感想≫
 「色あせぬ想い」と同時に発売された短編集ですが、本編との関係はあまりありません。
 3編とも「レッドロック・ガゼット」という新聞に掲載された愛を告白する手紙とレッドロックで行われる”春のダンスパーティー”にまつわる話になります。

 ジェーンはマットを目的のためなら手段を選ばない卑怯な男だと思っているので、事態は紛糾します。それにしても、高校時代の事件の張本人が全く反省していない上にのうのうとしているのが解せません。
 
≪シリーズ≫ 富豪一族の宿命 
 1. 「恋に酔わせて」         マリー・フェラレーラ N-1137 パトリックの長男ジャックとメンドーサ家次女グロリア
 2. 「ボスの誘惑」        クリスタル・グリーン N-1140 メンドーサ家長女クリスティーナ
 □. 「色あせぬ想い 」                 N-1145
    3. 「眠れぬ夜の果て」   ステラ・バグウェル      メンドーサ家三女シエラ
    「再会はベッドで」     アネット・ブロードリック   「キャラウェイ・ダンディーズ」のシリーズ
 □. 「ときめきを教えて」               N-1149
    4. 「悲しみの刻印」    アン・メイジャー       パトリックの三男スティーブ(三つ子)
    「きみへのラブソング」 クリスティン・リマー     富豪一族シリーズではない(ジョーンズ家の話)
 □. 「そばにいるだけで」                 N-1154
    5. 「気づいてほしくて」  マリー・フェラレーラ     ライアンの牧場の元調教師クルスと妻サバンナ
    6. 「禁断の恋は甘く」   ペギー・モアランド      レッドロック署の巡査と刑事
 □. 「ときめきの予感」                 N-1157
    7. 「熱い逃避行」     ローリー・ペイジ       パトリックの次男クライド(三つ子)
    8. 「悲しみを抱きしめて」 カレン・ローズ・スミス    パトリックの長女バイオレット
 □. 「秘めやかな情熱」                 N-1159
    9. 「恋はハプニング」   エリザベス・ベヴァリー    パトリックの四男マイルズ(三つ子)
    10. 「ボディガードの誘惑 マーナ・マッケンジー     レナードの長男ビンセント
 □. 「愛に背いて」                   N-1161
    11. 「氷のプレイボーイ」  クリスティ・ゴールド     レナードの次男ダニエル
    12. 「いとしき悪女 」   シェリ・ホワイトフェザー    レナードの長女スーザン
 □. 「熱い夜の果て」                   N-1163         
    13. 「恋する遺伝子」    マリー・フェラレーラ     エメットのいとこコリン
    14. 「 一夜の魔法」     モーリーン・チャイルド     レナードの次女カイラ
 15. 「愛のめざめ」      クリスティ・リッジウェイ N-1164 ジャミソン家長男エメット
 □. 「熱いプロローグ」                 NX-2
     「秘密のキス」     アン・メイジャー        <フォーチュン・テキサス>社社員
     「秘めた恋心」     クリスティン・リマー      レッドロック署警察官 
     「あなたに帰る日」   カレン・ローズ・スミス    ケータリング業者

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「熱いプロローグ」(富豪一族の宿命) Secret Admirer NX-2 2007年4月
   「秘密のキス」   Secret Kises  アン・メイジャー(藤田由美)    <フォーチュン・テキサス>社社員
   「秘めた恋心」   Hidden Hearts  クリスティン・リマー(鈴木いっこ) レッドロック署警察官 
   「あなたに帰る日」 Dream Marriage カレン・ローズ・スミス(佐藤敏江) ケータリング業者
 

「秘めやかな情熱」--ボディガードの誘惑(富豪一族の宿命X) マーナ・マッケンジー N-1159

≪あらすじ≫ レナードの長男ビンセント(ダニエル、スーザン、カイラの兄) 
 殺人現場を目撃し、犯人逮捕に協力したナタリーに脅迫状が届くようになった。事態を重く見た地方検事のダニエル・フォーチュンはボディガードである兄のビンセントにナタリーの警護を依頼した。だが、新聞記者であるナタリーの取材活動には、ビンセントの警護は邪魔だった。そんな中、護送中の犯人が逃亡し、ナタリーの危険はますます強まるのだった。

≪感想≫
 前作で起こった殺人事件の目撃者であるナタリーが主人公となります。ビンセント兄弟については、パトリックの子どもたちとはいとこどうしになるようですが、やはり関係がよくわかりません。

ナタリーが無謀な行動をくりかえすので、ストレスがたまりました。

≪シリーズ≫ 富豪一族の宿命 
 1. 「恋に酔わせて」         マリー・フェラレーラ N-1137 パトリックの長男ジャックとメンドーサ家次女グロリア
 2. 「ボスの誘惑」        クリスタル・グリーン N-1140 メンドーサ家長女クリスティーナ
 □. 「色あせぬ想い 」                 N-1145
    3. 「眠れぬ夜の果て」   ステラ・バグウェル      メンドーサ家三女シエラ
    「再会はベッドで」     アネット・ブロードリック   「キャラウェイ・ダンディーズ」のシリーズ
 □. 「ときめきを教えて」               N-1149
    4. 「悲しみの刻印」    アン・メイジャー       パトリックの三男スティーブ(三つ子)
    「きみへのラブソング」 クリスティン・リマー     富豪一族シリーズではない(ジョーンズ家の話)
 □. 「そばにいるだけで」                 N-1154
    5. 「気づいてほしくて」  マリー・フェラレーラ     ライアンの牧場の元調教師クルスと妻サバンナ
    6. 「禁断の恋は甘く」   ペギー・モアランド      レッドロック署の巡査と刑事
 □. 「ときめきの予感」                 N-1157
    7. 「熱い逃避行」     ローリー・ペイジ       パトリックの次男クライド(三つ子)
    8. 「悲しみを抱きしめて」 カレン・ローズ・スミス    パトリックの長女バイオレット
 □. 「秘めやかな情熱」                 N-1159
    9. 「恋はハプニング」   エリザベス・ベヴァリー    パトリックの四男マイルズ(三つ子)
    10. 「ボディガードの誘惑 マーナ・マッケンジー     レナードの長男ビンセント
 □. 「愛に背いて」                   N-1161
    11. 「氷のプレイボーイ」  クリスティ・ゴールド     レナードの次男ダニエル
    12. 「いとしき悪女 」   シェリ・ホワイトフェザー    レナードの長女スーザン
 □. 「熱い夜の果て」                   N-1163         
    13. 「恋する遺伝子」    マリー・フェラレーラ     エメットのいとこコリン
    14. 「 一夜の魔法」     モーリーン・チャイルド     レナードの次女カイラ
 15. 「愛のめざめ」      クリスティ・リッジウェイ N-1164 ジャミソン家長男エメット
 □. 「熱いプロローグ」                 NX-2
     「秘密のキス」     アン・メイジャー        <フォーチュン・テキサス>社社員
     「秘めた恋心」     クリスティン・リマー      レッドロック署警察官 
     「あなたに帰る日」   カレン・ローズ・スミス    ケータリング業者

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「秘めやかな情熱」 N-1159 2007年11月
  「恋はハプニング」(富豪一族の宿命IX)   エリザベス・ベヴァリー(早川早百合) The Debutante
  「ボディガードの誘惑」(富豪一族の宿命X)  マーナ・マッケンジー(氏家真智子)  Keeping Her Safe

「そばにいるだけで」--禁断の恋は甘く(富豪一族の宿命VI) ペギー・モアランド N-1154

≪あらすじ≫ レッドロック署の巡査と刑事
 レッドロック署の刑事アンドレアは、腰に王冠形のあざがある射殺死体がモンド湖で発見された事件を担当していた。だが、いつもの捜査パートナーが病気で入院したため、年下のゲイブと組んで捜査に当たることになった。ゲイブはこの事件で成果を上げ、刑事に昇進することを狙っていた。フォーチュン家の血を引く者は体に王冠形のあざがあるのだが、フォーチュン家の人々は被害者に心当たりはなかった。ゲイブはライアンが何かを知っていると考え、彼を追及するのだった。

≪感想≫
 アンドレアにストーカーがつきまとい始め、彼女の身に危険が迫ります。緊迫感があって面白い展開でした。

 遺体の身元が判明します。キングストン・フォーチュンの実父の親戚でした。また、キャメロンと政府の秘密捜査官であるリンダ・ファラデーの間に息子が生まれていたことがわかります。

≪シリーズ≫ 富豪一族の宿命 
 1. 「恋に酔わせて」         マリー・フェラレーラ N-1137 パトリックの長男ジャックとメンドーサ家次女グロリア
 2. 「ボスの誘惑」        クリスタル・グリーン N-1140 メンドーサ家長女クリスティーナ
 □. 「色あせぬ想い 」                 N-1145
    3. 「眠れぬ夜の果て」   ステラ・バグウェル      メンドーサ家三女シエラ
    「再会はベッドで」     アネット・ブロードリック   「キャラウェイ・ダンディーズ」のシリーズ
 □. 「ときめきを教えて」               N-1149
    4. 「悲しみの刻印」    アン・メイジャー       パトリックの三男スティーブ(三つ子)
    「きみへのラブソング」 クリスティン・リマー     富豪一族シリーズではない(ジョーンズ家の話)
 □. 「そばにいるだけで」                 N-1154
    5. 「気づいてほしくて」  マリー・フェラレーラ     ライアンの牧場の元調教師クルスと妻サバンナ
    6. 「禁断の恋は甘く」   ペギー・モアランド      レッドロック署の巡査と刑事
 □. 「ときめきの予感」                 N-1157
    7. 「熱い逃避行」     ローリー・ペイジ       パトリックの次男クライド(三つ子)
    8. 「悲しみを抱きしめて」 カレン・ローズ・スミス    パトリックの長女バイオレット
 □. 「秘めやかな情熱」                 N-1159
    9. 「恋はハプニング」   エリザベス・ベヴァリー    パトリックの四男マイルズ(三つ子)
    10. 「ボディガードの誘惑 マーナ・マッケンジー     レナードの長男ビンセント
 □. 「愛に背いて」                   N-1161
    11. 「氷のプレイボーイ」  クリスティ・ゴールド     レナードの次男ダニエル
    12. 「いとしき悪女 」   シェリ・ホワイトフェザー    レナードの長女スーザン
 □. 「熱い夜の果て」                   N-1163         
    13. 「恋する遺伝子」    マリー・フェラレーラ     エメットのいとこコリン
    14. 「 一夜の魔法」     モーリーン・チャイルド     レナードの次女カイラ
 15. 「愛のめざめ」      クリスティ・リッジウェイ N-1164 ジャミソン家長男エメット
 □. 「熱いプロローグ」                 NX-2
     「秘密のキス」     アン・メイジャー        <フォーチュン・テキサス>社社員
     「秘めた恋心」     クリスティン・リマー      レッドロック署警察官 
     「あなたに帰る日」   カレン・ローズ・スミス    ケータリング業者

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)
 
≪BOOK DATA≫
 「そばにいるだけで」 N-1154 2007年8月
  「気づいてほしくて」(富豪一族の宿命V) マリー・フェラレーラ(川上ともこ) A Baby Changes Everything
  「禁断の恋は甘く」(富豪一族の宿命VI) ペギー・モアランド(日向由美)   In the Arms of the Law
 

「ときめきを教えて」--悲しみの刻印(富豪一族の宿命IV) アン・メイジャー N-1149

≪あらすじ≫ パトリックの三男スティーブ(ジャックの弟、クライド・マイルズとは三つ子、バイオレットの兄)
 イベント・プランナーのエイミーは、8年前に自分のミスで親友を溺死させてしまった。それ以来、罪悪感に苦しみ続け、仕事に没頭することによって苦痛から逃れようとしていた。そんなエイミーは、30歳の誕生日に友人に連れられて入ったバーのオーナーと一夜限りの関係を持った。その場限りのはずだったが、後日ライアン・フォーチュンの授賞式をプランニングすることになり、そこでその男性スティーブ・フォーチュンと再会した。

≪感想≫
 親友を死なせてしまったことで苦しみ続けるエイミーが、どのように立ち直っていくかというのがテーマとなります。かなり重苦しい展開です。

 フォーチュン家の遺伝的特徴である王冠形のあざがある男の銃殺死体が発見され、ライアンに疑いがかけられます。ライアンはスティーブの叔父にあたるようですが、そうするとパトリックはライアンの兄なのでしょうか?ライアンの兄はテディとキャメロンだけだったように思いますが、はて前シリーズで何か読み落としたのでしょうか?どちらにしろ新シリーズで説明がないのは不親切だと思います。

≪シリーズ≫ 富豪一族の宿命 
 1. 「恋に酔わせて」         マリー・フェラレーラ N-1137 パトリックの長男ジャックとメンドーサ家次女グロリア
 2. 「ボスの誘惑」        クリスタル・グリーン N-1140 メンドーサ家長女クリスティーナ
 □. 「色あせぬ想い 」                 N-1145
    3. 「眠れぬ夜の果て」   ステラ・バグウェル      メンドーサ家三女シエラ
    「再会はベッドで」     アネット・ブロードリック   「キャラウェイ・ダンディーズ」のシリーズ
 □. 「ときめきを教えて」               N-1149
    4. 「悲しみの刻印」    アン・メイジャー       パトリックの三男スティーブ(三つ子)
    「きみへのラブソング」 クリスティン・リマー     富豪一族シリーズではない(ジョーンズ家の話)
 □. 「そばにいるだけで」                 N-1154
    5. 「気づいてほしくて」  マリー・フェラレーラ     ライアンの牧場の元調教師クルスと妻サバンナ
    6. 「禁断の恋は甘く」   ペギー・モアランド      レッドロック署の巡査と刑事
 □. 「ときめきの予感」                 N-1157
    7. 「熱い逃避行」     ローリー・ペイジ       パトリックの次男クライド(三つ子)
    8. 「悲しみを抱きしめて」 カレン・ローズ・スミス    パトリックの長女バイオレット
 □. 「秘めやかな情熱」                 N-1159
    9. 「恋はハプニング」   エリザベス・ベヴァリー    パトリックの四男マイルズ(三つ子)
    10. 「ボディガードの誘惑 マーナ・マッケンジー     レナードの長男ビンセント
 □. 「愛に背いて」                   N-1161
    11. 「氷のプレイボーイ」  クリスティ・ゴールド     レナードの次男ダニエル
    12. 「いとしき悪女 」   シェリ・ホワイトフェザー    レナードの長女スーザン
 □. 「熱い夜の果て」                   N-1163         
    13. 「恋する遺伝子」    マリー・フェラレーラ     エメットのいとこコリン
    14. 「 一夜の魔法」     モーリーン・チャイルド     レナードの次女カイラ
 15. 「愛のめざめ」      クリスティ・リッジウェイ N-1164 ジャミソン家長男エメット
 □. 「熱いプロローグ」                 NX-2
     「秘密のキス」     アン・メイジャー        <フォーチュン・テキサス>社社員
     「秘めた恋心」     クリスティン・リマー      レッドロック署警察官 
     「あなたに帰る日」   カレン・ローズ・スミス    ケータリング業者

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「ときめきを教えて」 N-1149 2007年6月
   「悲しみの刻印」(富豪一族の宿命IV) Cowboy at Midnight     アン・メイジャー(藤田由美)
   「きみへのラブソング」           The Taming of Billy Jones クリスティン・リマー(五十嵐美兎)  

「悲しき令嬢」(秘められた思い) バーバラ・マコーリィ D-1050

≪あらすじ≫ ブラックホーク家次男ジョナサンの長女クレアとジェイコブ
 海運王の令嬢クレアは、3日後に結婚式を控えていたが、その結婚に疑問を感じていた。そんな彼女の前にジェイコブという私立探偵があらわれた。彼の話によると、クレアは海運王の実子ではなくウルフ・リバーのブラックホーク家の娘で、交通事故で両親が死亡した時に兄二人とともにいっしょに死んだと偽装されて違法に養子に出されてしまったのだというのだ。
 結婚式の会場から逃げ出したクレアは、兄たちに会うためにウルフ・リバーに連れて行ってほしいと、ジェイコブに頼み込んだ。

≪感想≫
 お嬢様と私立探偵という、わりによくある話です。自動車で移動しながらストーリーが進行します。

 
≪シリーズ≫ 秘められた思い
1.「スウィート・リベンジ」 D-849(P-228) ブラックホーク家三男トーマスの息子ルーカス
2.「秘密の一夜」      D-854(P-229) ルーカスの親友ニック
3.「謎めいた恋人たち」   D-860(P-230) ルーカスの親友イアンとシンクレア家末妹カーラ
 「危険な提案」      D-895  シンクレア家次男カラン
 「闇にさすらう淑女」   LS-136 シンクレア家長男とメラニー
「レディ・ハリケーン」  D-943  シンクレア家四男リース
 「忘れられた一夜」    D-963  シンクレア家三男ルシアンとメラニーの親友 
 「渓谷の熱き夜」     D-1042 ブラックホーク家次男ジョナサンの長男ランド
 「はかない絆」      D-1046 ブラックホーク家次男ジョナサンの次男セス
 「悲しき令嬢」      D-1050(コミック) ブラックホーク家次男ジョナサンの長女クレアとジェイコブ
 「真夏の花嫁」      SB-4  ウルフ・リバーの住人
 「シンデレラの逃避行」  D-1102 ジェイコブの弟とクレアの親友
 「億万長者の憂鬱」    D-1110 ブラックホーク家長男ウィリアムの息子ディロン
 「誘惑はエレベーターで」 D-1208 ブラックホーク家長男ウィリアムの娘キーラ
 「変わらぬ口づけ」    D-1218 ブラックホーク家長男ウィリアムの娘アレクシス

≪コミック≫
 「悲しき令嬢」(秘められた思い) 
   夏よしみ/バーバラ・マコーリィ ハーレクイン 2007年4月 
 
≪BOOK DATA≫
 「悲しき令嬢」(秘められた思い) That Blackhawk Bride
  バーバラ・マコーリィ(小林葉月) D-1050 2004年

「富豪一族への招待」(富豪一族:知られざる相続人VI) --プレイボーイの愛し方-- ジャッキー・メリット HT-8

≪あらすじ≫
 医師のマギーは、ライアン・フォーチュンが心臓病ではなくジキタリス中毒であることを突き止め、彼の命を救った。それに対する感謝のしるしとしてマギーは、彼から200万ドルの小切手を贈られた。マギーはそのお金を使って、難病にかかっている妹のハナを救うために研究所を設立することにした。だが、研究にはその道の第一人者であるドクター・エリオットの協力がどうしても必要だった。そこで、マギーは彼に近付くために、美しく着飾ってパーティーに出かけた。

≪感想≫
 短いせいか、なんだか唐突な展開でしっくりしない感じがしました。

≪シリーズ≫ 富豪一族:知られざる相続人
 1. 「ドクターを慕って」   アン・マリー・ウィンストン D-1134 長女ミランダの次男ケイン
 2. 「さまよえるシンデレラ」 アイリーン・ウィルクス   D-1138 長女ミランダの長女エマ
 3. 「最後の夜に」       シャーリー・ロジャーズ    D-1142 長女ミランダの長男ジャスティン
 4. 「狼とシンデレラ」     バーバラ・マコーリィ     D-1146 次男キャメロンの娘ホリー
 5. 「秘書の片想い」      キャスリーン・ガリッツ   D-1150 次男キャメロンの息子ジョナス
6. 「富豪一族への招待」              HT-8 
     「シークと魔法の指輪」  バーバラ・ボズウェル       三男ライアンの息子ニコ
     「今宵はプリンセス」   ジェニファー・グリーン
     「プレイボーイの愛し方」 ジャッキー・メリット
7. 「 明日なき結婚」     モーリーン・チャイルド    D-1154 次男キャメロンの息子サム

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「富豪一族への招待」(富豪一族:知られざる相続人VI) Gifts of Fortune HT-8 2006年10月
   「シークと魔法の指輪」  The Holiday Heir   バーバラ・ボズウェル(柿沼瑛子)
   「今宵はプリンセス」   The Christmas House ジェニファー・グリーン(柿沼瑛子)
   「プレイボーイの愛し方」 Maggie's Miracle   ジャッキー・メリット(柿沼瑛子)

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ま行の作家

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索