FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [キャスリン・ジェンセン ] 記事一覧

「花嫁の誤算」(富豪一族の花婿II) キャスリン・ジェンセン D-1118

≪あらすじ≫ ケイトの夫ベンと愛人の間の長男デヴリンの次男タイラーの話(ジェイソンの弟)
 タイラーは、30歳までに結婚しないと会社の共有権を相続させないと両親から脅された。だが、両親のお膳立てで上流階級の娘と結婚させられるのはまっぴらだ。そこで結婚仲介サービスに加入し、花嫁をさがすことにした。花嫁候補の中で、媚を売ることもなく化粧気のない地味な女性が目に止まった。その女性ジュリーは図書館司書で、子どもが欲しいので結婚したいと言っている。彼女なら取り引きとして結婚するには好都合だ。そう考えたタイラーは、早速彼女に結婚を申し込んだ。

≪感想≫
 タイラーならば何も結婚仲介サービスに頼らなくても、どうにでもできそうですが、フォーチュン家の財産と権力に惑わされない女性をみつけるためには、仕方がないのかもしれません。その後は、便宜結婚ものの定番の展開となります。

 エレベーターの死亡事故は、事故ではなく殺人の疑いが濃厚になります。しかも内部事情に詳しい人間が関わっている可能性が高く、フォーチュン家の人間にも疑いがかかります。

≪シリーズ≫ 富豪一族の花婿 ・・・ ケイトの夫ベンと愛人の間の孫の話
 1. 「悲しき花嫁」   リアン・バンクス    D-1114 長男デヴリンの長男ジェイソン
 2. 「花嫁の誤算」   キャスリン・ジェンセン D-1118 長男デヴリンの次男タイラー
 3. 「一途な花嫁」   ショーナ・デラコート  D-1122 次男ハンターの長男シェーン
 4. 「花嫁になる理由」 キャロライン・クロス  D-1126 次男ハンターの次男ライリー
 5. 「消えた花嫁」   ペギー・モアランド   D-1130 次男ハンターの長女イザベル
 
≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「花嫁の誤算」(富豪一族の花婿II) Mail-Order Cinderella
   キャスリン・ジェンセン(松村和紀子) D-1118 2006年2月 

「初恋はプリンスと」 キャスリン・ジェンセン D-1039

≪あらすじ≫
 広告代理店に勤めるマリアは、会社の同僚たちから誕生日に男性とのデートをプレゼントされた。内気なマリアをからかって楽しもうというのだ。デート相手として現れたのは、高貴な雰囲気のラテン系の男性アントニオだった。デートに気の進まなかったマリアは断ろうとするが、アントニオは意外な事実を告げてきた。実はアントニオはイタリアでオリーブオイル工場を経営する大金持ちの「カロヴィンニョの領主」で、彼の名を騙ってデートサービス会社に登録した元従僕の不始末を処理するために来たのだという。二人でデートのようなものをした翌日、アントニオはマリアにイタリアに来てオリーブオイル製品のアメリカ進出戦略の手伝いをしてほしいと言って来た。

≪感想≫
 裏表紙のあらすじを読んだ時には、オフィスものかと思いましたが、舞台がすぐイタリアに移って、異国情緒たっぷりのものでした。南国イタリアの話は夏に読むのにぴったりでした。HOT度が高めです。
 
≪コミック≫
「初恋はプリンスと」
   瀧川イヴ/キャスリン・ジェンセン 宙出版 2008年2月


≪BOOK DATA≫
 「初恋はプリンスと」 Mail-Order Prince in Her Bed
   キャスリン・ジェンセン(西江璃子) D-1039 2004年6月

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ キャスリン・ジェンセン

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索