FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [アイリーン・ウィルクス ] 記事一覧

「さまよえるシンデレラ」(富豪一族:知られざる相続人II) アイリーン・ウィルクス D-1138

≪あらすじ≫ キングストンの長女ミランダの長女エマ
 エマは、生まれてすぐに捨てられ、里親の家を転々としてきた。そんなエマのもとに私立探偵のフリンが現れ、実はエマが大富豪のフォーチュン家の相続人であると告げてきた。こうしてフォーチュン家の一員となったエマだったが、実はストーカーと化した元婚約者に追われていた。元婚約者は、エマが妊娠したと告げると、中絶を迫り彼女に暴力をふるったのだ。そのためエマは逃げ出し、現在妊娠七ヶ月となっていた。フリンはエマを守るため、湖畔の釣り小屋に連れていった。

≪感想≫ 
 他の男の子どもを妊娠している女性とのロマンスには、かなり抵抗感があるので、あまり楽しめませんでした。

≪シリーズ≫ 富豪一族:知られざる相続人
 1. 「ドクターを慕って」   アン・マリー・ウィンストン D-1134 長女ミランダの次男ケイン
 2. 「さまよえるシンデレラ」 アイリーン・ウィルクス   D-1138 長女ミランダの長女エマ
 3. 「最後の夜に」       シャーリー・ロジャーズ    D-1142 長女ミランダの長男ジャスティン
 4. 「狼とシンデレラ」     バーバラ・マコーリィ     D-1146 次男キャメロンの娘ホリー
 5. 「秘書の片想い」      キャスリーン・ガリッツ   D-1150 次男キャメロンの息子ジョナス
6. 「富豪一族への招待」              HT-8 
     「シークと魔法の指輪」  バーバラ・ボズウェル       三男ライアンの息子ニコ
     「今宵はプリンセス」   ジェニファー・グリーン
     「プレイボーイの愛し方」 ジャッキー・メリット
7. 「 明日なき結婚」     モーリーン・チャイルド    D-1154 次男キャメロンの息子サム

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「さまよえるシンデレラ」(富豪一族:知られざる相続人II) The Pregnant Heiress 
   アイリーン・ウィルクス(秋元美由起) D-1138 2006年7月

「月明かりの舞踏会」--傷ついた天使-- アイリーン・ウィルクス SB-6

≪あらすじ≫
 ブルーボネット舞踏会に参加したノエルは、かつての婚約者エイデンが出席しているのに気付いて驚いた。12年前に彼は、結婚式の直前に彼女を置き去りにしたのだ。エイデンは、ノエルが1年前に離婚した前夫に絡まれているところを救い出したが、ノエルはそれを素直に受け入れることができなかった。前夫は、ノエルにさまざまな嫌がらせをしているのだが、それをノエルの自作自演だと巧みに周囲に思い込ませていた。

≪感想≫
 前夫の巧みな策略のせいで、ノエルは周囲から誤解されて追い詰められている状況です。かなり恐ろしい話です。話が短いせいか、その状況を打開する部分が物足りないのが残念でした。

≪シリーズ≫ 闇の使徒たち
 序章1 「レディ・ドラゴン」 LS-227 キャサリン・マン
 序章2 「死線のマドンナ」  LS-231 リンダ・カスティーロ
 序章3 「呪われた貴公子」  LS-235 キャンディス・アーヴィン
 ・「月明かりの舞踏会」     SB-6  
   「ラストダンスはあなたと」      アン・マリー・ウィンストン
   「傷ついた天使」            アイリーン・ウィルクス
   「シンデレラの素顔」   コミック  マギー・シェイン   
 1. 「バイオレットの封印」  LS-243 マギー・シェイン
 2. 「虚飾のピラミッド」   LS-247 アン・マリー・ウィンストン
 3. 「愛したのはボス」    LS-251 イヴリン・ヴォーン
 4. 「導きの指輪」    LS-255 シンディ・ジェラード
 5. 「美しき暗殺者」   LS-259 ヴァージニア・カントラ
 6. 「別れのキスをもう一度」  LS-263 ジェナ・ミルズ
 7. 「億万長者の受難」   LS-267 ビバリー・バード
 8. 「炎のドクター」   LS-271 リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ
 9. 「沈黙の大富豪」    LS-275 マーナ・マッケンジー
 10. 「虹に焦がれて」   LS-279 ジョーン・エリオット・ピカート
 11. 「エデンに背いて」   LS-283 イングリッド・ウィーヴァー
 12. 「幕引きは華やかに」   LS-287 ビバリー・バートン

≪関連シリーズ≫
 続・闇の使徒たち(6冊)

≪BOOK DATA≫
 「月明かりの舞踏会」(闇の使徒たち) Broken Silence SB-6 2005年5月
  「シンデレラの素顔」  The Invisible Virgin マギー・シェイン(葉山笹)
  「傷ついた天使」  A Matter of Duty  アイリーン・ウィルクス(葉山笹)
  「ラストダンスはあなたと」  Inviting Trouble  アン・マリー・ウィンストン(葉山笹)

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ アイリーン・ウィルクス

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索