FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [カレン・ローズ・スミス ] 記事一覧

「熱いプロローグ」--あなたに帰る日 カレン・ローズ・スミス NX-2

≪あらすじ≫ ケータリング業者
 ローラの夫のガレスは仕事に熱中しすぎて帰宅も遅いことが多く、夕食もあまり一緒にとれない状態だった。そんな毎日に耐えかねて、ローラはケータリングの仕事を始めた。だが、夫の状況に変化はなく長期の出張がたび重なる日々に疲れ、ローラは別居を決意した。

≪感想≫
 夫婦のすれ違いの話です。

 ガレスが日本に出張した時に銀座の商店街・国立科学博物館・国立西洋美術館に行ったと話す場面があります。

≪シリーズ≫ 富豪一族の宿命 
 1. 「恋に酔わせて」         マリー・フェラレーラ N-1137 パトリックの長男ジャックとメンドーサ家次女グロリア
 2. 「ボスの誘惑」        クリスタル・グリーン N-1140 メンドーサ家長女クリスティーナ
 □. 「色あせぬ想い 」                 N-1145
    3. 「眠れぬ夜の果て」   ステラ・バグウェル      メンドーサ家三女シエラ
    「再会はベッドで」     アネット・ブロードリック   「キャラウェイ・ダンディーズ」のシリーズ
 □. 「ときめきを教えて」               N-1149
    4. 「悲しみの刻印」    アン・メイジャー       パトリックの三男スティーブ(三つ子)
    「きみへのラブソング」 クリスティン・リマー     富豪一族シリーズではない(ジョーンズ家の話)
 □. 「そばにいるだけで」                 N-1154
    5. 「気づいてほしくて」  マリー・フェラレーラ     ライアンの牧場の元調教師クルスと妻サバンナ
    6. 「禁断の恋は甘く」   ペギー・モアランド      レッドロック署の巡査と刑事
 □. 「ときめきの予感」                 N-1157
    7. 「熱い逃避行」     ローリー・ペイジ       パトリックの次男クライド(三つ子)
    8. 「悲しみを抱きしめて」 カレン・ローズ・スミス    パトリックの長女バイオレット
 □. 「秘めやかな情熱」                 N-1159
    9. 「恋はハプニング」   エリザベス・ベヴァリー    パトリックの四男マイルズ(三つ子)
    10. 「ボディガードの誘惑 マーナ・マッケンジー     レナードの長男ビンセント
 □. 「愛に背いて」                   N-1161
    11. 「氷のプレイボーイ」  クリスティ・ゴールド     レナードの次男ダニエル
    12. 「いとしき悪女 」   シェリ・ホワイトフェザー    レナードの長女スーザン
 □. 「熱い夜の果て」                   N-1163         
    13. 「恋する遺伝子」    マリー・フェラレーラ     エメットのいとこコリン
    14. 「 一夜の魔法」     モーリーン・チャイルド     レナードの次女カイラ
 15. 「愛のめざめ」      クリスティ・リッジウェイ N-1164 ジャミソン家長男エメット
 □. 「熱いプロローグ」                 NX-2
     「秘密のキス」     アン・メイジャー        <フォーチュン・テキサス>社社員
     「秘めた恋心」     クリスティン・リマー      レッドロック署警察官 
     「あなたに帰る日」   カレン・ローズ・スミス    ケータリング業者

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「熱いプロローグ」(富豪一族の宿命) Secret Admirer NX-2 2007年4月
   「秘密のキス」   Secret Kises  アン・メイジャー(藤田由美)    <フォーチュン・テキサス>社社員
   「秘めた恋心」   Hidden Hearts  クリスティン・リマー(鈴木いっこ) レッドロック署警察官 
   「あなたに帰る日」 Dream Marriage カレン・ローズ・スミス(佐藤敏江) ケータリング業者

「ときめきの予感」--悲しみを抱きしめて カレン・ローズ・スミス N-1157

≪あらすじ≫ パトリックの長女バイオレット(ジャック、クライド、スティーブ、マイルズの妹)
 医師のバイオレットは担当した患者を亡くして以来、自信をなくし自分を責める日々を送っていた。そこで心の整理をするために休暇を取ってニューヨークを離れ、レッドロックに滞在することにした。その地で医師のピーターと知り合い、お互いに惹かれ始めるのだった。

≪感想≫
 ピーターのかつての婚約者が子どもより仕事を優先したため、彼はキャリアのある女性との恋愛に否定的になっています。

 ひどい頭痛に苦しむライアンが、ついに医師の診察を受けることになります。

≪シリーズ≫ 富豪一族の宿命 
 1. 「恋に酔わせて」         マリー・フェラレーラ N-1137 パトリックの長男ジャックとメンドーサ家次女グロリア
 2. 「ボスの誘惑」        クリスタル・グリーン N-1140 メンドーサ家長女クリスティーナ
 □. 「色あせぬ想い 」                 N-1145
    3. 「眠れぬ夜の果て」   ステラ・バグウェル      メンドーサ家三女シエラ
    「再会はベッドで」     アネット・ブロードリック   「キャラウェイ・ダンディーズ」のシリーズ
 □. 「ときめきを教えて」               N-1149
    4. 「悲しみの刻印」    アン・メイジャー       パトリックの三男スティーブ(三つ子)
    「きみへのラブソング」 クリスティン・リマー     富豪一族シリーズではない(ジョーンズ家の話)
 □. 「そばにいるだけで」                 N-1154
    5. 「気づいてほしくて」  マリー・フェラレーラ     ライアンの牧場の元調教師クルスと妻サバンナ
    6. 「禁断の恋は甘く」   ペギー・モアランド      レッドロック署の巡査と刑事
 □. 「ときめきの予感」                 N-1157
    7. 「熱い逃避行」     ローリー・ペイジ       パトリックの次男クライド(三つ子)
    8. 「悲しみを抱きしめて」 カレン・ローズ・スミス    パトリックの長女バイオレット
 □. 「秘めやかな情熱」                 N-1159
    9. 「恋はハプニング」   エリザベス・ベヴァリー    パトリックの四男マイルズ(三つ子)
    10. 「ボディガードの誘惑 マーナ・マッケンジー     レナードの長男ビンセント
 □. 「愛に背いて」                   N-1161
    11. 「氷のプレイボーイ」  クリスティ・ゴールド     レナードの次男ダニエル
    12. 「いとしき悪女 」   シェリ・ホワイトフェザー    レナードの長女スーザン
 □. 「熱い夜の果て」                   N-1163         
    13. 「恋する遺伝子」    マリー・フェラレーラ     エメットのいとこコリン
    14. 「 一夜の魔法」     モーリーン・チャイルド     レナードの次女カイラ
 15. 「愛のめざめ」      クリスティ・リッジウェイ N-1164 ジャミソン家長男エメット
 □. 「熱いプロローグ」                 NX-2
     「秘密のキス」     アン・メイジャー        <フォーチュン・テキサス>社社員
     「秘めた恋心」     クリスティン・リマー      レッドロック署警察官 
     「あなたに帰る日」   カレン・ローズ・スミス    ケータリング業者

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「ときめきの予感」 N-1157 2007年10月
  「熱い逃避行」(富豪一族の宿命VII)      ローリー・ペイジ(渡辺千穂子)   Lone Star Rancher
  「悲しみを抱きしめて」(富豪一族の宿命VIII) カレン・ローズ・スミス(瀧川紫乃) The Good Doctor

「終わりのないハネムーン」(富豪一族の伝説XIII) カレン・ローズ・スミス N-1075

≪あらすじ≫ キングストンの長男テディの息子リード(ブロディ、マチルダの兄 マックスの弟)とマロリー(ドーソンの異母妹)の話
 リードは二ヶ月前から故郷のシドニーを離れ、馬の扱い方を学ぶためにテキサスのフォーチュン家の牧場に滞在していた。だが、シドニーに残してきたフィアンセから他の男と結婚したという手紙が届き、愕然とした。ゼインから憂さを晴らすために、カジノのあるネバダ州のリノに行くことを勧められ、行ってみたところ、リノのバーでマロリーという女性に出会った。

 マロリーは、サンフランシスコの富裕な実業家であるウィンストンと結婚することになっていたが、彼との結婚に疑問を感じ、結婚の三日前に家を出て異母兄のドーソンを頼ってサンアントニオに行く途中で、ドーソン馴染みのリノのバーに立ち寄った。そのバーでリードという男性と出会い、シャンパンを飲んだところまでは覚えているが、その後の記憶がなかった。目を覚ますと、リードと一緒のベッドで寝ていたことに気付き、驚いて部屋を飛び出し自分の宿泊先に戻ったが、追いかけてきたウィンストンにつかまってしまった。そこにリードが現れ、「マロリーとぼくはゆうべ結婚した」と宣言した。書類によると、マロリーに記憶はないが確かに結婚は成立しているようだ。あきらめずに執拗に追ってくるウィンストンから身を守るために、二人はフォーチュン家の牧場に行くことになった。

≪感想≫
 前作でブランドン関係の事件も解決し、キャメロンとライアンの子どもたちのロマンスも全員まとまって一件落着となりました。行方不明だった長男テディも現れ、本作からは彼の子どもたちの話となります。しかし、前々作で逮捕されたソフィア殺害犯が脱走して、フォーチュン一族を再び狙い始めます。

 一応は、便宜結婚もののような始まりですが、なかなか面白かったと思います。ウィンストンとの結婚を執拗に勧めるマロリーの母と義父とのやりとりや、ウィンストンとの対決も見どころです。

≪シリーズ≫ 富豪一族の伝説 ・・・ 主にキングストンの孫の話
 1. 「冷たい億万長者」     マギー・シェイン    N-1027(コミック) 次男キャメロンの長男ホールデン
 2. 「強引な誘惑」       ローリー・ペイジ    N-1031 三男ライアンの長女バネッサ
 3. 「罪なプレイボーイ」    マリー・フェラレーラ  N-1035 三男ライアンの牧場の調教師クルス
 4. 「孤独な貴公子」      ジャッキー・メリット  N-1039 三男ライアンの三男ダラスとクルスの妹マギー
 5. 「ボスはプレイボーイ」   アーリーン・ジェイムズ N-1043 次男キャメロンの次男ローガン
 6. 「孤独なシンデレラ」    ルース・ランガン    N-1047 次男キャメロンの妻の弟ジェイス
 7. 「不実なシーク」      ケイシー・マイケルズ  N-1051 次男キャメロンの長女イーデン
 8. 「拒まれた情熱」      ステラ・バグウェル   N-1055 長女ミランダの長女ガブリエル 
 9. 「恋に落ちる予感」     サンドラ・ステファン  N-1059 三男ライアンの恋人リリーの長女ハンナ
 10. 「明日が見えなくて」    ビバリー・バートン   N-1063 三男ライアンの次女ビクトリア
 11. 「共犯者はあなた」     パメラ・トス      N-1067 三男ライアンの恋人リリーの長男コール
 12. 「華麗なる情事」      ジャッキー・メリット  N-1071 三男ライアンの次男ゼイン
 13. 「終わりのないハネムーン」 カレン・ローズ・スミス N-1075 長男テディの息子リード
 14. 「悲しい再会」       リアーナ・ウィルソン  N-1079 長男テディの息子ブロディ
 15. 「誘惑という名の香り」   テレサ・サウスウィック N-1083 長男テディの娘マチルダ
 16. 「恋に落ちたスパイ」    マーガレット・ワトスン N-1087 長男テディの養子グリフ

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「終わりのないハネムーン」(富豪一族の伝説XIII) Marry in Haste...
   カレン・ローズ・スミス(吉川裕子) N-1075 2005年9月
 

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ カレン・ローズ・スミス

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索