FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [モーリーン・チャイルド ] 記事一覧

「熱い夜の果て」--一夜の魔法(富豪一族の宿命XIV) モーリーン・チャイルド N-1163

≪あらすじ≫ パトリックの次女カイラ(ビンセント、ダニエル、スーザンの妹)
 カイラは大学卒業後、一族の会社<フォーチュン・テキサス>には就職せず、ボルテージ・エナジー社に入社した。フォーチュン一族だからではなく、自分だけの力で成功したいからだった。カイラはボルテージ・エナジー社で必死に働き出世をめざしていたが、上司のギャレットは彼女をまともに評価してくれなかった。彼女をフォーチュン一族の甘やかされたお嬢様だと思っているらしい。そんな折、カイラとギャレットは二人だけで出張に行くことになった。

≪感想≫
 出張した二人は吹雪に見舞われて、車を捨ててコテージに避難する羽目になります。かなり無理のある設定です。

 シリーズの節目となる悲しいできごとが起こります。

≪シリーズ≫ 富豪一族の宿命 
 1. 「恋に酔わせて」         マリー・フェラレーラ N-1137 パトリックの長男ジャックとメンドーサ家次女グロリア
 2. 「ボスの誘惑」        クリスタル・グリーン N-1140 メンドーサ家長女クリスティーナ
 □. 「色あせぬ想い 」                 N-1145
    3. 「眠れぬ夜の果て」   ステラ・バグウェル      メンドーサ家三女シエラ
    「再会はベッドで」     アネット・ブロードリック   「キャラウェイ・ダンディーズ」のシリーズ
 □. 「ときめきを教えて」               N-1149
    4. 「悲しみの刻印」    アン・メイジャー       パトリックの三男スティーブ(三つ子)
    「きみへのラブソング」 クリスティン・リマー     富豪一族シリーズではない(ジョーンズ家の話)
 □. 「そばにいるだけで」                 N-1154
    5. 「気づいてほしくて」  マリー・フェラレーラ     ライアンの牧場の元調教師クルスと妻サバンナ
    6. 「禁断の恋は甘く」   ペギー・モアランド      レッドロック署の巡査と刑事
 □. 「ときめきの予感」                 N-1157
    7. 「熱い逃避行」     ローリー・ペイジ       パトリックの次男クライド(三つ子)
    8. 「悲しみを抱きしめて」 カレン・ローズ・スミス    パトリックの長女バイオレット
 □. 「秘めやかな情熱」                 N-1159
    9. 「恋はハプニング」   エリザベス・ベヴァリー    パトリックの四男マイルズ(三つ子)
    10. 「ボディガードの誘惑 マーナ・マッケンジー     レナードの長男ビンセント
 □. 「愛に背いて」                   N-1161
    11. 「氷のプレイボーイ」  クリスティ・ゴールド     レナードの次男ダニエル
    12. 「いとしき悪女 」   シェリ・ホワイトフェザー    レナードの長女スーザン
 □. 「熱い夜の果て」                   N-1163         
    13. 「恋する遺伝子」    マリー・フェラレーラ     エメットのいとこコリン
    14. 「 一夜の魔法」     モーリーン・チャイルド     レナードの次女カイラ
 15. 「愛のめざめ」      クリスティ・リッジウェイ N-1164 ジャミソン家長男エメット
 □. 「熱いプロローグ」                 NX-2
     「秘密のキス」     アン・メイジャー        <フォーチュン・テキサス>社社員
     「秘めた恋心」     クリスティン・リマー      レッドロック署警察官 
     「あなたに帰る日」   カレン・ローズ・スミス    ケータリング業者

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「熱い夜の果て」 N-1163 2008年1月
   「恋する遺伝子」(富豪一族の宿命XIII) マリー・フェラレーラ(小池桂)    Military Man
   「一夜の魔法」(富豪一族の宿命XIV)   モーリーン・チャイルド(仁嶋いずる) Fortune's Legacy

 

「明日なき結婚」(富豪一族:知られざる相続人VII) モーリーン・チャイルド D-1154

≪あらすじ≫ キングストンの次男キャメロンの息子サム
 海兵隊員のサムは、事故で両親を亡くした双子を引き取ることになった。彼がその双子の名づけ親で法定後見人になっていたからだ。その準備のためにスーパーマーケットで買い物をしていたところ、かつての恋人ミシェルに声をかけられた。サムは10年前にミシェルにプロポーズしたが、理由もはっきり告げられずに断られて、ひどいショックを受けたのだ。

≪感想≫
 「富豪一族:知られざる相続人」シリーズの最終作になります。とりあえずライアン殺害未遂犯が明らかになりますが、とってつけたような感じで物足りなく感じました。

 ミシェルがプロポーズを断った理由は、ハーレクインにはよくある話ですが、ミシェルの行動の方により問題があったように思います。とはいうものの、サムも自分の希望通りにはいかない可能性があることを配慮した発言をすべきだったと思います。

≪シリーズ≫ 富豪一族:知られざる相続人
 1. 「ドクターを慕って」   アン・マリー・ウィンストン D-1134 長女ミランダの次男ケイン
 2. 「さまよえるシンデレラ」 アイリーン・ウィルクス   D-1138 長女ミランダの長女エマ
 3. 「最後の夜に」       シャーリー・ロジャーズ    D-1142 長女ミランダの長男ジャスティン
 4. 「狼とシンデレラ」     バーバラ・マコーリィ     D-1146 次男キャメロンの娘ホリー
 5. 「秘書の片想い」      キャスリーン・ガリッツ   D-1150 次男キャメロンの息子ジョナス
6. 「富豪一族への招待」              HT-8 
     「シークと魔法の指輪」  バーバラ・ボズウェル       三男ライアンの息子ニコ
     「今宵はプリンセス」   ジェニファー・グリーン
     「プレイボーイの愛し方」 ジャッキー・メリット
7. 「 明日なき結婚」     モーリーン・チャイルド    D-1154 次男キャメロンの息子サム

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「明日なき結婚」(富豪一族:知られざる相続人VII) Did You Say Twins?!  
   モーリーン・チャイルド(佐藤利恵) D-1154 2006年11月
 

   

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ モーリーン・チャイルド

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索