FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Category [ジーナ・ウィルキンズ ] 記事一覧

「夜明けのさよなら」 ジーナ・ウィルキンズ N-1132

≪あらすじ≫
 クロエは実業家のブライアンと愛しあっているわけではないが、尊敬しあい価値観を共有できる相手として結婚を考えていた。そして、ブライアンの別荘で一緒に過ごして、これからのことを決めようとしていた。だが、仕事の都合でブライアンの到着が遅れたため、ブライアンの部下で親友のドノバンがクロエを別荘に送り届けることになった。ところが、何者かが二人を誘拐し山中の小屋に閉じ込めてしまった。二人はすきをみて脱出したものの、山中を4日間さまよい続けることとなった。

≪感想≫
 N-972「億万長者に片想い」で少し触れられていた誘拐事件の詳細が本書となります。ですから、結末はすでにわかっているのですが、山中でのサバイバルが真に迫っていてよみごたえがあります。

≪登場人物≫
 ドノバン・チャンス・・・会社重役(ブライアンの部下で親友)
 クロエ・ペニントン・・・インテリアショップ経営者(グレースの一卵性双生児の姉)

≪スピンオフ≫
 「億万長者に片想い」 N-972(HR-163)(コミック) クロエの一卵性双生児の妹グレースの話

≪BOOK DATA≫
 「夜明けのさよなら」 The Groom's Stand-In 
   ジーナ・ウィルキンズ(中西奈実) N-1132 2006年11月
 

「億万長者に片想い」 ジーナ・ウィルキンズ N-972(HR-163)

≪あらすじ≫
 グレースの双子の姉クロエとブライアンは、愛しあっているわけではないが、お互いに尊敬しあい価値観を共有できる相手として結婚を考えていた。だがその矢先、ブライアンの商売敵がブライアンの部下で親友のドノバンとクロエを身代金目的で誘拐したことがきっかけで、ドノバンとクロエは恋に落ち婚約することとなっだ。だが、ドノバンが親友から婚約者を奪ったという悪意のある噂が流れて二人がパパラッチに追い回されることになったため、二人を守る必要が生じた。そこで、ブライアンが交際していたのは最初からグレースで、そっくりなクロエとグレースをマスコミが取り違えたと思わせることにした。そんなわけでブライアンとグレースは華やかなパーティーに何度も出席して、熱々の恋人同士であることをアピールすることになった。

≪感想≫
 グレースは、ブライアンとクロエが便宜結婚もどきをしようとしていたことで、ブライアンに良い感情を持っていません。結婚にも反対していました。そのため当初は彼にとげとげしい態度をとっていますが、明るく書かれているので漫才のようです。そうこうしているうちに恋人同士としての行動が、演技なのか本気なのかわからなくなってきます。

≪登場人物≫
 ブライアン・ファルコン・・・投資家
 グレース・ペニントン・・・・インテリアショップのオーナー

≪スピンオフ≫
 「夜明けのさよなら」 N-1132 グレースの一卵性双生児の姉クロエの話

≪コミック≫
 「億万長者に片想い」
   岸田黎子/ジーナ・ウィルキンズ ハーレクインコミックス 2012年8月

≪再版≫
 「億万長者に片想い」 The Best Man's Plan 
   ジーナ・ウィルキンズ(鈴木いっこ) HR-163 2008年1月 

≪BOOK DATA≫
 「億万長者に片想い」 The Best Man's Plan 
   ジーナ・ウィルキンズ(鈴木いっこ) N-972 2003年7月 

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ジーナ・ウィルキンズ

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索