FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Archive [2007年09月 ] 記事一覧

「ひとときのシンデレラ」 ジェニファー・ドルー L-1129

≪あらすじ≫
 ジョエルはオハイオ州ハイホーの町の創始者の子孫で、町の設立百周年記念行事の主賓として招かれていた。ジョエルの上司で自動車会社のCEOバートはそれを知って、記念行事で行われる美人コンテストの優勝者を新車の発売キャンペーンに使おうと考えた。バートはコンテストの参加登録受付所で地味な女性に目を留め、彼女を優勝に導いて新車の専属キャンペーンガールの契約書にサインさせるように、ジョエルに命じた。しかし、その女性ケイティはコンテストに出場するつもりは全くなく、ジョエルは困惑したが、ある事情から出場させることに成功した。

≪感想≫
 ある事情とは、実は今年は百周年ではなく99周年で、その事実が明るみに出ると百周年に大学や図書館に寄付されることになっている寄付金が翌年回しになって、そのお金を当てにして計画を立てていた組織は非常に困ったことになるということです。そこで、その事実を知っているジョエルに黙っていてもらうために、ケイティは美人コンテストに出場することにしたわけです。(ジョエルが脅迫したわけではない)

 ジョエルは、ケイティを優勝させるためにコーチとなってアドバイスをすることになります。何だか八百長みたいな気もしますが、最終的にはうまくおさまります。

≪スピンオフ≫
 「七日間の恋人」 ホリー・ジェイコブズ L-1134 ハイホー百周年記念行事の話

≪BOOK DATA≫
 「ひとときのシンデレラ」 You'll Be Mine in 99
   ジェニファー・ドルー(森山りつ子) L-1129 2005年3月

「恋するレポーター」 ホリー・ジェイコブズ L-1097

≪あらすじ≫
 エリー市のテレビ局でWMACニュースのレポーターを務めるページは、「ちょといい話」の取材をするために大きなお腹の妊婦に変装していた。そこで急な腹痛に見舞われ、居合わせた男性に病院に運び込まれた。その男性は辛口コラムニストのライリーで、大叔母の紹介で一度デートしたことがあったが、最低のデート相手だった。腹痛の原因は虫垂炎とわかり、緊急手術を受けて回復したページは、退院した後「エリーのヒーロー」という企画でライリーをインタビューしたいと申し出るが、ライリーは頑なに断った。
 
≪感想≫
 エリー湖畔のエリー市の一角ペリー・スクエアに関連する話です。関連作がたくさんあります。
 本作の舞台はエリー市ですが、ペリー・スクエアではありません。ペリー・スクエアの美容師がちょっと登場するだけです。

 妊婦になりすまして取材するというのは、取材方法としていかがなものかという気がします。そして、最後も電波の私物化が行われて、どうも今ひとつすっきりしませんでした。ロマンスとしては、追いかけたり追われたりの展開です。

≪スピンオフ≫
 「あなたにも聞こえる?」 L-1022 眼科医と美容師
 「一晩だけのフィアンセ」 L-1078 法律事務所の弁護士
 「恋するレポーター」   L-1097 テレビ局WMACリポーターがヒロイン
       ペリー・スクエアの美容師が登場
 「ひとときのシンデレラ」 ジェニファー・ドルー L-1129 ハイホー百周年記念行事の話
 「七日間の恋人」     L-1134 テレビ局WMACリポーターがヒーロー
       ハイホー百周年記念行事の話 
 「午後五時からの恋人」  L-1150 法律事務所の弁護士と受付係
 「王女にキスを」     L-1179 エリアソン国王女(妹)パーカー
 「赤毛のプリンセス」   L-1181 アマール国王子とパーカーの友人
 「プリンスとの夜」    L-1183 エリアソン国王子(兄)とパーカーの友人

≪BOOK DATA≫
 「恋するレポーター」 Not Precisely Pregnant
   ホリー・ジェイコブズ(山田信子) L-1097 2004年7月

「一晩だけのフィアンセ」 ホリー・ジェイコブズ L-1078

≪あらすじ≫
 ペリー・スクエアにある法律事務所に所属する弁護士のドノバンは、法律事務所の共同経営者になるためには妻が必要だと言われ、婚約したと嘘をついてしまった。そこで、事務所の隣でインテリアデザインの店を営むサラに婚約者のふりをしてくれるように頼み込んだ。サラの店が倒産寸前なので、婚約者のふりをする代償として立て直しに協力することを約束したのだ。

≪感想≫
 エリー湖畔のエリー市の一角ペリー・スクエアに関連する話です。関連作がたくさんあります。

 婚約者のふりをするだけのはずが、なぜか結婚するところまで話が進んでしまいます。ドノバンがサラに、さまざまな心遣いをしているのが、いい感じです。
 
≪スピンオフ≫
 「あなたにも聞こえる?」 L-1022 眼科医と美容師
 「一晩だけのフィアンセ」 L-1078 法律事務所の弁護士
 「恋するレポーター」   L-1097 テレビ局WMACリポーターがヒロイン
       ペリー・スクエアの美容師が登場
 「ひとときのシンデレラ」 ジェニファー・ドルー L-1129 ハイホー百周年記念行事の話
 「七日間の恋人」     L-1134 テレビ局WMACリポーターがヒーロー
       ハイホー百周年記念行事の話 
 「午後五時からの恋人」  L-1150 法律事務所の弁護士と受付係
 「王女にキスを」     L-1179 エリアソン国王女(妹)パーカー
 「赤毛のプリンセス」   L-1181 アマール国王子とパーカーの友人
 「プリンスとの夜」    L-1183 エリアソン国王子(兄)とパーカーの友人
 
≪BOOK DATA≫
 「一晩だけのフィアンセ」 A Day Late and Bride Short
   ホリー・ジェイコブズ(沢梢枝) L-1078 2004年2月

「夜は永遠に」(孤高の鷲V) ゲイル・ウィルソン LS-269

≪あらすじ≫
 元CIAエージェントのドリューは、無実の罪で無期懲役の判決を受け二年間服役していた。だが、護送中に囚人護送バスが事故にあい、その機会を利用して脱走に成功した。脱走したドリューが目指したのは、彼を有罪に陥れた嘘の目撃証言をしたトミーという男の所だ。だが、トミーの家に彼の姿はなく、彼の妻マギーからトミーは一年前に事故死したと告げられた。これで冤罪を晴らす見込みは、著しく少なくなってしまった。ドリューはマギーを説得して、無実の証拠を見つける作業に協力させることにした。

≪感想≫
 濡れ衣を着せられるという設定は好きではないので心配でしたが、思ったほど悲惨な状況ではありませんでした。最後まで誰が黒幕かわからず、ハラハラする展開でした。

≪シリーズ≫ 孤高の鷲
 1. 「復讐の鐘が鳴るとき」  LS-234
 2. 「親密な他人」      LS-238
 3. 「薔薇の迷宮」      LS-242
 4. 「暗闇のレディ」     LS-265
 5. 「夜は永遠に」      LS-269
 6. 「消された一夜」     LS-273
  「甘美な報復」      LS-284
  「さまよえる令嬢」    LS-288
   「幻を愛した夜」     LS-292
  「この夜が明けるまでに」 LS-321
   「消せない傷を抱いて」 LS-324

≪BOOK DATA≫
 「夜は永遠に」(孤高の鷲V) Renegade Heart
   ゲイル・ウィルソン(仁嶋いずる) LS-269 2005年12月

「純白のウエディング」 ダイアナ・パーマー D-1000(HR-241)(PB-138)

≪あらすじ≫
 天涯孤独のナタリーにとって、隣人のキレイン家の人々は家族同然だった。中でも長兄のマックは、5年前に彼女が初恋の人を亡くした時に、支えになってくれた。そして「大人になったらすべてを教えてあげよう」と言ってくれた。それ以来、ナタリーは彼に思いを寄せてきたが、彼はその言葉を忘れたかのようにあまたの女性とデートを重ねていた。

≪感想≫

 マックは「結婚しない主義だ」と言っておきながらナタリーにちょっかいを出し続けます。こんな蛇の生殺しのような態度がずっと続くので、いささかストレスがたまりました。
 誤解してマックがナタリーを責めるのは、お約束の展開ですが、今回は誤解したマックよりも、誤解の原因となったマックの妹でナタリーの友人でもあるヴィヴィアンがあまりにもひどいので、少しはマシのような気になります。

≪再版≫
 「純白のウエディング」 The Wedding in White
   ダイアナ・パーマー(山野紗織) HR-241 2009年9月
 
純白のウエディング―初めて出会う恋 (ハーレクイン・リクエスト)純白のウエディング―初めて出会う恋 (ハーレクイン・リクエスト)
(2009/09)
ダイアナ パーマー

商品詳細を見る

≪再版≫
「純白のウエディング」 The Wedding in White
   ダイアナ・パーマー(山野紗織) PB-138 2014年1月

≪コミック≫
 「純白のウエディング」
   藍まりと/ダイアナ・パーマー ハーレクイン 2008年4月


≪BOOK DATA≫
 「純白のウエディング」 The Wedding in White
   ダイアナ・パーマー(山野紗織) D-1000 2003年8月

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年09月

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索