FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Archive [2011年05月 ] 記事一覧

「スキャンダラスな令嬢」(富豪一族の絆III) シャーリー・サンズ D-1200

≪あらすじ≫ ナッシュの長女エリザ
 エリザは、西部開拓博物館の改修資金を調達するためのチャリティオークションで、手料理をふるまうというディナー権を出品した。彼女のディナー権には高値がついたが、いきなり一人の男性が「3万5千ドル」という法外な値段を提示してきた。エリザはその男性の顔を見て凍りついた。その男性は、エリザが6年前に結婚したリース・パーカーだった。

 リースは、6年前に「あなたとの結婚は間違いでした」という書置きを残して実家へ帰ってしまったエリザに対して怒りをつのらせていた。エリザは貧しいリースを恥じて家族にも結婚を秘密にしていたのだ。当時はしがないカウボーイだったリースも油田を掘り当てて今では裕福な石油企業家だ。今こそ自分に煮え湯を飲ませた妻に対する復讐計画を実行するのだ。

≪感想≫
 エリザがリースのもとを去ったのは、リースが浮気をしていたと思ったからでした。去ったまま何もせずに放っておいても事態が悪化するばかりのはずですが、そのあたりの行動が理解できませんでした。

≪登場人物≫
 リース・パーカー・・・・・石油関連企業経営者
 エリザ・フォーチュン・・・インテリアデザイナー志望(ナッシュの長女・母はナッシュの最初の妻エリザベス)

≪シリーズ≫ 富豪一族の絆
 1. 「まやかしのプロポーズ」 ペギー・モアランド     D-1212 ナッシュの長男ケイス
 2. 「すれ違うままに」    ブロンウィン・ジェイムスン D-1214 キングストンの長男デディの長男マックス
 3. 「スキャンダラスな令嬢」 シャーリーン・サンズ    D-1220 ナッシュの長女エリザ
 4. 「狙われた初恋」     キャシー・ディノスキー   D-1222 ナッシュの三男ブレイク
 5. 「春の嵐のように」    ジャン・コリー       D-1226 ナッシュの次女スカイラー
 6. 「忘れるための一夜」   ハイディ・ベッツ      D-1229 ナッシュの次男クリードとナッシュの三人目の妻の連れ子マヤ

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「スキャンダラスな令嬢」(富豪一族の絆III) Fortune's Vengeful Groom
   シャーリー・サンズ(氏家真智子) D-1200 2008年3月

「すれ違うままに」(富豪一族の絆II) ブロンウィン・ジェイムスン D-1214

≪あらすじ≫ キングストンの長男テディの長男マックス
 マックスは遠縁のナッシュ・フォーチュンの屋敷で催されたパーティーに招待された。その会場で彼はダイアナに再会した。マックスとダイアナは10年前にオーストラリアで出会い恋人同士になったが、マックスは二人の関係を気軽な情事と考えているらしいとわかり、ダイアナは家庭の事情もあってアメリカに帰国したのだった。再会したマックスは、始めは冷ややかな態度だったが、やがて彼女にデートを申し込んできた。

≪感想≫
 誤解があった二人の再会ものです。あまり楽しい話の運びではないのですが、ゆったりと話が進みます。

 マックスは「富豪一族の伝説」シリーズのうちN-1075「終わりのないハネムーン」以降に登場したキングストンの長男テディの子どもたちの一人です。本作には他の兄弟の話は出てきません。

≪登場人物≫
 マックス・フォーチュン・・・オーストラリアの牧場主(キングストンの長男テディの長男)
 ダイアナ・ヤング・・・・・カメラマン(エリザの友人)

≪シリーズ≫ 富豪一族の絆
 1. 「まやかしのプロポーズ」 ペギー・モアランド     D-1212 ナッシュの長男ケイス
 2. 「すれ違うままに」    ブロンウィン・ジェイムスン D-1214 キングストンの長男デディの長男マックス
 3. 「スキャンダラスな令嬢」 シャーリーン・サンズ    D-1220 ナッシュの長女エリザ
 4. 「狙われた初恋」     キャシー・ディノスキー   D-1222 ナッシュの三男ブレイク
 5. 「春の嵐のように」    ジャン・コリー       D-1226 ナッシュの次女スカイラー
 6. 「忘れるための一夜」   ハイディ・ベッツ      D-1229 ナッシュの次男クリードとナッシュの三人目の妻の連れ子マヤ

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「すれ違うままに」(富豪一族の絆II) Back in Fortune's Bed
   ブロンウィン・ジェイムスン(長田乃莉子) D-1214 2008年2月
 
 

「まやかしのプロポーズ」(富豪一族の絆I) ペギー・モアランド D-1212

≪あらすじ≫ ナッシュの長男ケイス
 ジーナは絵本作家として名誉ある賞を受賞し、地元の書店でサイン会を行っていた。そのサイン会で子供たちにまじってケイス・フォーチュンという富豪一族の一員がサインを求めに来た。そしてケイスはジーナをデートに誘ってきたが、ジーナはケイスを仕事に夢中で家族をないがしろにしてきた父の同類だと考えて、冷たくあしらうのだった。一方、ケイスはジーナの父が経営する石油精製会社と合併話を進めていたが、突然先方から合併話を断ってきたため、ジーナに近づいてきたのだった。

≪感想≫
 新しい富豪一族シリーズです。テキサスのフォーチュン家の遠縁にあたるナッシュ・フォーチュンの子供たちを中心とした話になります。

 ここまでひどい男がいただろうか、というくらいひどいヒーローです。最後には自分のしたことを後悔して、いいろいろ対処するのですが、その対処策そのものも的はずれな上に、会社を合併させるためならどんな卑怯な手でも使うという価値観そのものが、受け入れがたいものでした。また、ヒロインとその父とのいきさつも後味の悪いものでした。

≪登場人物≫
 ケイス・フォーチュン・・・ダコタ・フォーチュン社経営者(ナッシュの長男・母はナッシュの最初の妻エリザベス)
 ジーナ・レノルズ・・・・絵本作家

≪シリーズ≫ 富豪一族の絆
 1. 「まやかしのプロポーズ」 ペギー・モアランド     D-1212 ナッシュの長男ケイス
 2. 「すれ違うままに」    ブロンウィン・ジェイムスン D-1214 キングストンの長男デディの長男マックス
 3. 「スキャンダラスな令嬢」 シャーリーン・サンズ    D-1220 ナッシュの長女エリザ
 4. 「狙われた初恋」     キャシー・ディノスキー   D-1222 ナッシュの三男ブレイク
 5. 「春の嵐のように」    ジャン・コリー       D-1226 ナッシュの次女スカイラー
 6. 「忘れるための一夜」   ハイディ・ベッツ      D-1229 ナッシュの次男クリードとナッシュの三人目の妻の連れ子マヤ

≪富豪一族シリーズ≫
 富豪一族の肖像(13冊)      主にケイトの孫の話 
 富豪一族の伝説(16冊)      主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の花嫁(6冊)       主にケイトの夫の弟ケイレブの孫の話
 富豪一族の花婿(5冊)       ケイトの夫と愛人の間の孫の話
 富豪一族知られざる相続人(7冊)  主にキングストンの孫の話(テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の宿命(11冊)      (テキサス州のフォーチュン家)
 富豪一族の絆(6冊)        サウスダコタ州のフォーチュン家(テキサス州のフォーチュン家関連)

≪BOOK DATA≫
 「まやかしのプロポーズ」(富豪一族の絆I) Merger of Fortunes 
   ペギー・モアランド(高橋美友紀) D-1212 2008年1月

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2011年05月

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索