FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Archive [2013年06月 ] 記事一覧

「花嫁のルール」 キャスリン・ロス R-953

≪あらすじ≫
 弁護士のケルシーは祖父が設立した法律事務所で働いていたが、その事務所には有能な弁護士のブラントが一年ほど前に共同経営者として入っていた。その祖父が先ごろ亡くなり、祖父の遺した別会社マコーネル不動産がどうなるのか不安だった。すでにマコーネル不動産の株の49%をブラントが所有しているのだ。祖父の遺言によると残りの51%はケルシーとブラントが結婚することを条件としてブラントに譲られるが、結婚しないときは株は市場で売られ一人が買えるのは10株までとなり、全てを所有したいブラントにとってはケルシーとの結婚がどうしても必要だった。一方、ケルシーにとってはマコーネル不動産は、彼女が幼い頃に亡くなった父親との絆だった。父親はマコーネル不動産の経営に情熱を燃やしていたのだ。

≪感想≫
 昔のハーレクインによくあるヒーローの気持ちがよくつかめない作品です。一貫性のないヒーローの態度に混乱します。二人とも肝心なことは言わないくせに余計なことばかり言う傾向にあります。

≪登場人物≫
 ブラント・ハーコート・・・弁護士。ハーコート&マコーネル法律事務所の共同経営者
 ケルシー・マコーネル・・・弁護士。ハーコート&マコーネル法律事務所所属

≪コミック≫
 「花嫁のルール」 
   湯沢直子/キャスリン・ロス エメラルドコミックス 2003年9月

≪再版≫
 「花嫁のルール」 Playing by the Rules 
   キャスリン・ロス(東山竜子) C-466 2002年4月

≪BOOK DATA≫
 「花嫁のルール」 Playing by the Rules 
   キャスリン・ロス(東山竜子) R-953 1992年10月

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2013年06月

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索