FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Entries

「裏切りの結末」 ミシェル・リード R-1414(C-650)(HQB-554)

≪あらすじ≫
 3人の子供の子育てに忙しいレイチェルのもとに、友人から夫ダニエルの浮気を告げる電話がかかってきた。仕事で忙しくしているはずだった夫が毎晩愛人と出歩いていたなんて。そう言えば思い当たる節がいろいろあった。帰宅したダニエルは浮気を否定せず、もう関係は終わっているから、とレイチェルをなだめようとしたが、レイチェルが納得できるはずはなかった。

≪感想≫
 ハーレクイン小説には夫の不倫騒動の話はたくさんありますが、たいていは「夫の不用意な行動 or 妻の誤解 or 第三者の陰謀」によるもので、夫は無実であることが多いようです。しかし、本作は夫が不倫の事実をあっさり認めてしまいます。なかなか斬新な設定です。

 展開は、夫を信頼できなくなったレイチェルと、信頼を取り戻そうとして空しい努力をするダニエルのリアルなやりとりが中心となります。いくら努力しても、そう簡単に信頼が取り戻せる訳もなく、不倫の罪深さがこれでもかと、描かれます。でもまあハーレクインですから、最後はなんとかなります。

 ダニエルの母が、これ以上ないほど見事な対応をしています。事情に察しはついていても何も言わず、レイチェルのそばにいて心の支えになろうとフォローします。そして、「子供は大人が思っているより、ずっと多くのことを見たり感じたりしているものよ」と率直にひと言だけ言って、子供への配慮を求めています。

≪再録≫
 「裏切りの結末」 The Ultimate Betrayal 
   ミシェル・リード(高田真紗子) C-650 2006年4月

≪再録≫
 「裏切りの結末」 The Ultimate Betrayal 
   ミシェル・リード(高田真紗子) HQB-554 2013年11月
裏切りの結末 (ハーレクイン文庫)裏切りの結末 (ハーレクイン文庫)
(2013/11/27)
ミシェル リード

商品詳細を見る

≪コミック≫
 「裏切りの結末」  
   美里繚子/ミシェル・リード ハーレクインコミック 2014年12月


≪BOOK DATA≫
 「裏切りの結末」 The Ultimate Betrayal 
   ミシェル・リード(高田真紗子) R-1414 1998年8月
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://shell5955.blog81.fc2.com/tb.php/116-b1ed2942

プリンスの甘い罠 (ハーレクイン・ロマンス

プリンスの甘い罠 (ハーレクイン・ロマンス 2208 三つのティアラ 1)・プリンスの裏切り (ハーレクイン・ロマンス 2216 三つのティアラ 2)・「裏切りの結末」 ミシェル・リード R-1414・もうすぐお茶会なのに(><)・ハーレクイン・見せかけの恋人・プリンセスの愁い・リ...

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年10月 13日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ ミシェル・リード
  └ 「裏切りの結末」 ミシェル・リード R-1414(C-650)(HQB-554)

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索