FC2ブログ
  

読書diary ロマンス茶房

読んだ本のあらすじと感想を紹介します。ロマンス小説が中心になります。ネタばれがありますのでご注意ください。

楽天ブックス 全品送料無料 

Amazon 




*Admin

Entries

「消せない傷を抱いて」(孤高の鷲) ゲイル・ウィルソン LS-324

≪あらすじ≫
 CIAの情報分析官であるグレイスは、議会で証言したせいで上層部にうとまれ、アフガニスタンでの危険で不毛な任務においやられた。そして、ヘリに乗って視察中に狙撃され不時着を余儀なくされた結果、同行した中佐とパイロットとともに洞窟に幽閉されてしまった。身代金の要求がないまま三週間が経過し、重傷を負ったパイロットの容体は悪化していった。

 ランドンはCIAの対外安全対策チームの一員だったが、CIAを辞職した後、国際セキュリティ・コンサルタントとして活躍していた。そんな時ランドンは、対外安全対策チームのメンバーが中心となって結成された<フェニックス結社>のグリフから連絡を受けた。グレイスを救出してくれるようにという依頼だった。

≪感想≫
 グレイスを救出するシーンがメインとなりますが、誰が味方なのかわからず、もやもやします。

 「孤高の鷲」の最終巻です。最終巻にしては、特にまとめがあるわけでもなくあっさりとした終わり方です。打ち切りなのでしょうか。

≪登場人物≫
 ランドン・ジェイムズ・・・国際セキュリティ・コンサルタント
 グレイス・チャンセラー・・・CIA情報分析官

 
≪シリーズ≫ 孤高の鷲
 1. 「復讐の鐘が鳴るとき」  LS-234
 2. 「親密な他人」      LS-238
 3. 「薔薇の迷宮」      LS-242
 4. 「暗闇のレディ」     LS-265
 5. 「夜は永遠に」      LS-269
 6. 「消された一夜」     LS-273
  「甘美な報復」      LS-284
  「さまよえる令嬢」    LS-288
   「幻を愛した夜」     LS-292
  「この夜が明けるまでに」 LS-321
   「消せない傷を抱いて」 LS-324

≪BOOK DATA≫
 「消せない傷を抱いて」(孤高の鷲) Take No Prisoners
    ゲイル・ウィルソン(藤峯みちか) LS-324 2007年4月
   
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://shell5955.blog81.fc2.com/tb.php/289-0f8c2a00

Menu

最近の記事

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の位置

読書diary ロマンス茶房
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年03月 01日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ ゲイル・ウィルソン
  └ 「消せない傷を抱いて」(孤高の鷲) ゲイル・ウィルソン LS-324

FC2カウンター

プロフィール

shiroikuma

Author:shiroikuma
関東在住
女性

ブログ内検索